ぼろフック

ペラペラまな板の使い勝手の悪さに苛立って、普通のまな板に替えたのは5年ほど前です。

厚いまな板にも問題はあって、壁につるすのが難しいんですよね。
百均で超強力と謳う吸盤フックを見つけて、さっそく使ってみたら、数時間ではがれて落っこちました。

安物はダメだと、わざわざホームセンターに行き、3キロまでOKのやや高価な粘着フックを買い求めました。
なるほど、しっかりくっついて、びくともしません。

しかしある日、大きな音がして、まな板がシンクを直撃。ステンレスがちょっとへこんでしまいました。
やっぱりボロ商品だったー。なにが3キロだっ。うちのまな板は980グラムしかないんだぞ。

よく見たら、粘着テープがはがれたのではなく、プラスチックにひびが入って、金属だけ落下していたのです。割れた内部にはさびが発生。

割れフック

粘着部分はさすがに強力で、はがすのに苦労しました。ドライバーを差し込んでぐりぐりしたら、タイルに傷がついてしまいました。

その後は、ネジつきフックにS字フックをひっかけています。
落ちる心配はなさそうだけど、戸棚の板にはネジの跡が・・・。

まな板フック

つるす以外の選択肢に目を向けないのは、頭が固いからかな。


スポンサーリンク

2017年02月15日 14:04 by るの | 暮らす

耳詰まり

食後の簡単な体操をしていたら、突如として、右耳が詰まったような感じになりました。
痛みなどはないのですが、声を出すと頭の中で大きく響くし、周囲の音が聞こえにくいみたいだし、とにかく閉塞感が気持ち悪くて、居ても立っても居られない気分。唾をごっくんしても治らないし、耳のまわりをもんだりさすったりしたけど、効果なし。

調べたら、耳管開放症というものらしい。耳の奥に耳管という管があり、あくびなどで開いてもすぐに閉じるようになっているけど、それが開きっぱなしになる病気。
ふさがる感じなのに「開放症」とはね。

原因や悪化要因としては、激やせ、ストレス、水分不足、激しい運動、妊娠、などなど。

とりあえずの処置として、深くお辞儀をしたら、すぐに症状が軽快しました。が、あっという間に元通り。何度もお辞儀をし、仰向けに寝て両足を上げ、空中自転車こぎなどしているうちに、なんとなくよくなりました。
耳の後ろをマッサージするのも効果があるそうです。

その後再発するようすは見られません。
世の中には、何か月も何年も治らず、悩んでいる人もいるとかで、私の場合、一過性で幸いでした。


スポンサーリンク

2017年02月10日 14:56 by るの | コメント(0) | 健康を憂う

おからクッキー

おからは安価な健康食品といわれますが、おいしくないし、一袋の量が多い上に賞味期限が短いから、持て余すんですよね。
白くてきめが細かくて、分量が少ない高級おからもありますが、おからのくせに値段高過ぎと、買う気が失せます。

あるとき、おからを炒って水分を飛ばすと日持ちがすると聞き、トライしました。

300グラム100円のおからをフライパンに入れ、絶えずかき混ぜながら20分ほど加熱。ほんのり色づいた程度で火を止めます。これで120グラムほどになります。

炒めおから

乾燥おからは近所のスーパーでも、100グラム120円強で売られているので、手間や光熱費を勘案すると、自分で炒るのは不経済かもしれませんが。

冷蔵庫で保存し、野菜炒めやチャーハンなどにふりかけたり、小麦粉に混ぜ込んでクッキーを焼いたり。

そういえば10年ほど前、ブログネタにおからクッキーを作ったことがあったけど、我ながらひどいもんでした。

炒ったおからで焼くと、けっこうサクサクして、クッキーらしくなります。粉とおからの比率は2:1くらいです。トッピングはレーズンとカシューナッツ。

おからクッキー

しかしま、10年経っても、見ばえの洗練には無頓着。


スポンサーリンク

2017年02月06日 10:15 by るの | コメント(0) | 食べる

コチョコチョ胡蝶