椅子がこわい

一週間くらい前から、腰痛が続いています。

私にとって腰痛は、ときたま思い出したようにやってきて、ほっておいてもそのうち去っていく、という感じで、深刻にとらえるほどのものではありません。ぎっくり腰だとかなり痛いけど、治るのも早いし。

今回も軽度ですが、椅子に座ると痛くなるので困ります。
パソコン作業や食事のため腰かけると、じわじわと痛くなり、立ちあがったとたん、うぎゃーと激痛。腰をさするとすぐに軽快するから、また座ってしばらくすると、うぎゃー。

立ったり歩いたりするのには、なんの支障もありません。

座り方を工夫するうち、クッションを重ねて椅子の座面をうんと高くし、浅く腰かけると、痛みが減ることがわかりました。でも、机が低すぎて猫背になり、食事も作業もしづらいのです。
椅子を使わず、机の前で膝をついて半立ちで作業すると、腰はだいじょうぶだけど、机が高すぎてこれまたやりにくいし、膝が痛くなります。

きっと身体からの警告なのでしょうね、座ってばかりいちゃダメ、パソコンから離れろよ、と。
座っている時間が長い人ほど短命というデータもあるそうだし。

当面座るのを控えて、体を動かしていれば、じき治まるだろうとは思います。

『椅子がこわい』の著者(夏樹静子)は、ひどい腰痛のため、死さえ考えたそうです。たかが腰痛と侮れませんね。原因は仕事のし過ぎやストレスらしくて・・・じゃあやっぱり私には関係ないか。


スポンサーリンク

2016年08月25日 14:59 by るの | 健康を憂う

豆腐クッキー

焼き菓子に豆腐を使うと、ボリュームがアップするし、少しはヘルシーかも。

作り方は簡単です。
ボウルに薄力粉、砂糖、ココアを入れて泡立て器で混ぜます。

別のボウルに豆腐を入れて泡立て器で混ぜます。普通の木綿豆腐でじゅうぶんです。
なめらかになったら、オリーブオイルを入れてさらに混ぜ、粉類を移して、ヘラで混ぜ合わせます。
シリコン引きのホイルに広げてクルミをのせ、200度のオーブンで15〜18分。

分量はたいてい適当にやっちゃいますが、今回は豆腐の量が多めだったようで、ふんわりして、クッキーというより、硬いホットケーキって感じでした。

ココア風味豆腐クッキー
このお皿は直径23センチ。ホットケーキ並みの巨大クッキーです。

見かけは無骨だけど、味は・・・うううむ。豆腐の味は全くしません。
おやつと思うとまずいけど、ごはん代わりだからけっこうおいしかったような。


スポンサーリンク

2016年08月22日 15:29 by るの | コメント(0) | 食べる

さびフック

レースのカーテンを洗うたびに、フックがさびついて汚いのが気になるのですが、次回こそは新しいものに替えるぞと決心して、とりあえずさびたフックをはめてしまうのです。

カーテンをつるすと、フックは見えなくなってしまいます。
カーテンの洗濯なんて年に2回程度だから、そのうち忘れ去ってしまいます。

発端はフックをつけたまま洗濯してしまったこと。レースのカーテンは数十分で乾くから、脱水してそのままカーテンレールにつるせば楽でしょ。でも、フックをはめる部分は布が重なって乾きが遅かったんでしょうね。
そういう無精は十数年前のことで、その後は洗濯槽の傷みを考慮し、ちゃんと外して洗います。言い換えれば、十数年間、さびフックを放置してきたわけ。

どうせならフックだけでなく、カーテンごと取り換えたいという気持ちも、フックの交換を渋ってきた一因かもしれません。

先日の洗濯の際も、やっぱりさびたフックをはめてレールにひっかけようとしました。すると、赤茶けた粉が顔に降りかかってきたのです。
うわ、これはひどい。

致し方なく、カーテンをつるすのは中断して、ホームセンターまでフックを買いに行きました。

レースのカーテンのフックは、端が尖っていて、ヘタに触れると怪我をしそうな仕様なのです。今でもこんなの売ってんだろうかといぶかっておりましたが、「針フック」という名称で、存在していました。

カーテンフック
右端が新品。

フックはきれいになったけど、やっぱりカーテンそのものを新しくしたいなあ、ロールスクリーンのほうが清潔かも・・・とか思案してしまうのです。


スポンサーリンク

2016年08月19日 16:43 by るの | コメント(0) | 暮らす

コチョコチョ胡蝶