ぼろフック

ペラペラまな板の使い勝手の悪さに苛立って、普通のまな板に替えたのは5年ほど前です。

厚いまな板にも問題はあって、壁につるすのが難しいんですよね。
百均で超強力と謳う吸盤フックを見つけて、さっそく使ってみたら、数時間ではがれて落っこちました。

安物はダメだと、わざわざホームセンターに行き、3キロまでOKのやや高価な粘着フックを買い求めました。
なるほど、しっかりくっついて、びくともしません。

しかしある日、大きな音がして、まな板がシンクを直撃。ステンレスがちょっとへこんだのはそのとき?
やっぱりボロ商品だったー。なにが3キロだっ。うちのまな板は980グラムしかないんだぞ。

よく見たら、粘着テープがはがれたのではなく、プラスチックにひびが入って、金属だけ落下していたのです。割れた内部にはさびが発生。

割れフック

粘着部分はさすがに強力で、はがすのに苦労しました。ドライバーを差し込んでぐりぐりしたら、タイルに傷がついてしまいました。

その後は、ネジつきフックにS字フックをひっかけています。
落ちる心配はなさそうだけど、戸棚の板にはネジの跡が・・・。

まな板フック

つるす以外の選択肢に目を向けないのは、頭が固いからかな。


スポンサーリンク

2017年02月15日 14:04 by るの | コメント(0) | 暮らす
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

コチョコチョ胡蝶