紫カブ

カブの酢漬け
紅ショウガではありません。実はカブの甘酢漬け。

紫ダイコンが好きな私、先日赤紫色のカブを買いました。

紫色のカブといえば、あやめ雪とかいうのが、薄紫でとってもきれいです。
これは大きくて無骨で色も濃い。先端の尖った部分はカットされていました。
紫色の蕪

内部はこんな感じに色が入っています。
切り口

スライサーでせん切りに。
カット

そこへ酢をかけると、紫の持つ青みが消え、赤く染まってしまうのです。
酢漬け

カブにはダイコンとは違う独特の香りがあって、けっこう好きです。
茎と葉は炒め物にしました。


紫色の野菜といえば、水菜もあるんですね。
これは『紅みずな』という名前で売られていました。
茎がほんのり紫色。葉の縁や葉脈も色づいていて、内側の若葉は赤に近いくらい濃い色。1束68円。
紅みずな



スポンサーリンク

2017年03月01日 09:57 by るの | コメント(0) | 食べる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

コチョコチョ胡蝶