人生の秋

先日「手がかさかさ」と書きましたが、指先や手の甲で秋を感じるようになったのは、2、3年前からです。
それ以前は真冬になってからハンドクリームなどを買いに行き、春が過ぎても余っていました。
カラダって、正直に確実に衰えていくのですね。

爪も弱くなったのか、すぐに先端がギザギザになったり、割れたりします。

今日のお昼、おにぎりにかぶりついたら、唇が海苔にくっついて皮がむけてしまいました。梅干がしみて痛あい。
リップクリームも買わなきゃ。


スポンサーリンク

2007年10月18日 23:32 by るの | コメント(0) | 健康を憂う
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

コチョコチョ胡蝶