ロングピーマン

スーパーの産直コーナーで見つけた野菜です。『ふくみみ』という名称で売られていました。3個129円。

ふくみみ

横幅は普通のピーマンと同じくらいですが、長さが20センチ以上あります。巨大ししとうってイメージ。
切ると、パプリカほどではないけど、けっこう肉厚で、食べ応えありそう。

チンしてドレッシングをかけて食べました。一口食べて、味も香りもピーマンと同じかな・・・と思った直後、いや、違ーう。辛いのです。ビリビリとした辛さが少し遅れてやってきて、あとあとまで続きます。
昔、メキシコ料理点で食べた、舌が腫れ上がるほどの青唐辛子の漬物を思い出しました。
そっか、これは巨大ししとうではなく、巨大青唐辛子だったのね。もっとも、辛みは青唐辛子よりは、はるかにまろやかです。

オソロシイことに、これを切っていると、喉が痛くなって咳が出るのです。初めは関連に気づかなかったのですが、2本目でもコホコホ。3つめではマスクをしましたが、やっぱりケホケホ。揮発性の毒ガスが立ち昇っているのかも。ぞぞぞー。

まあ、タマネギを切るときに涙が出るのも、思えばすごいことですが、慣れっこだから気にしませんよね。


スポンサーリンク

2012年07月09日 12:50 by るの | コメント(0) | 食べる

おでんゼリー

おでんをゼリーにしちゃうなんて、よく思いつくもんですね。
『懐石おでん 涼味ゼリー寄せ』という製品です。

おでん寄せ

カロリーも低いし、夏のおでんとしてなかなかよろしいのではないかと思います。
添付の『黒酢たれ』をかけて食べるのですが、すっぱいほどではなくて、あっさりと薄味です。野菜がちょっと固いかなって気がしますが、とろけるほど柔らかいよりはましでしょう。

内容は『国産うずらの玉子、国産生大根、国産青海苔こんにゃく、自社製海老しんじょ揚、自社製生姜天、国産人参、国産たけのこ、国内製造焼どうふ』・・・だそうで、これらの表記から読み取れるのは、海老と生姜と豆腐の大豆は輸入品だってことですね。


スポンサーリンク

2012年07月04日 20:27 by るの | コメント(0) | 食べる

母にササゲる愚痴

せんだって実家に帰ったとき、母はお赤飯を炊いて歓迎してくれました。
それはありがたいけど、母がよそうご飯は、白ご飯でも炊き込みご飯でも、いつもお茶碗に山盛りで、食べきれないのです。勝手に減らすと、「そのくらい食べなきゃ」と怒るし。
我が子がいつまでも育ち盛りのつもりでいるらしい。

おかーさま、私は代謝も消化能力も衰えつつあって、だんだんあなたの年齢に近づいているんだよ。
もちろん母と私の年の差は永遠に変わらないけど、その割合は年々縮んでいるんだから。いずれ親子でも老老介護になっちゃいます。

ところで我が家の認識では、赤飯といえば、もち米と小豆を炊いたものですが、料理の本ではたいていササゲを使うことになっています。

ササゲっていったい何物? 小豆の異称かしらんと、若いころは不思議でした。いまだかつて近隣のスーパーでササゲを見かけたことはありません。

百科事典によれば、ササゲは小豆よりも割れにくいのでおこわに用いる、と。
なるほど。料理本や番組、また祝いの席では、見かけが重要だから、きれいに炊き上がるように、ササゲを使うのですね。

ちなみに、五訂食品成分表で赤飯の項目を見ると、原材料はもち米100にササゲ10とあります。そんなに豆が少ないと、つまんなくない?
そういえば市販の赤飯って、ご飯の中にぽつりぽつりと硬質な豆が散っていて、噛んだらガリッときそうな印象。あれがササゲなのか。

うちの母が作る赤飯は、小豆の分量が多く、しかも1/3くらいは割れたりつぶれたりしていますが、おいしそうだし、実際においしいのですよ。


スポンサーリンク

2012年07月03日 18:37 by るの | コメント(0) | 食べる

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。