和のちまき

奈良の『大和屋敷』というお店のちまきがおいしいと聞いたので、実家へのお土産にしようと送ってもらいました。
が、案の定というか、実家へ行く前に開けて、お味見と称して自分で食べちゃいました。全くこらえ性がないんだから。

ちまき

海鮮ちまき、肉ちまき、栗・高菜ちまきが2個ずつ入っていまして、味見したのは栗・高菜と肉です。
栗もたくさん入って、ご飯もボリュームがあり、1個でじゅうぶんランチになります。
「和」といってもやはり中華ふうで、触ると手が油っぽくなり、カロリーもずいぶん高いんじゃないかと思います。肉ちまきは脂身が多いのがちょっと気になります。

それにしてもこういう食べ物は、箱や包んでいる竹の皮などにけっこう費用がかかっているんでしょうね。
ビンボー症だから、この立派な箱を何かに使えないかと思ったのですが、匂いがしみついていて無理みたいです。


スポンサーリンク

2012年06月29日 17:30 by るの | コメント(0) | 食べる

こんにゃくの真実

中性脂肪の一件以降、高脂血症に関する書物を何冊か読んでみましたが、内容はどれも大差ありません。
留意すべきは食事と運動。

食べ物では野菜、大豆、海藻、ナッツ、青背の魚、オリーブ油など、さまざまな食品が悪玉コレステロールを下げ、善玉を増やすなどと言われますが、おすすめ食品をくまなく摂っていたら、間違いなく太ってコレステロール値が上がることでしょう。
だから食物繊維の役割が重要、ということです。

食物繊維は「水溶性」と「不溶性」に分類されますが、昨今は水溶性繊維に注目が集まっているようです。不溶性は直接に中性脂肪やコレステロールに作用することはないけど、水溶性は効果的なのだとか。

繊維と聞くとこんにゃくを思い浮かべるかたも多いと思います。
ある本には「こんにゃくはグルコマンナンという水溶性繊維が豊富で、低カロリーだからたくさん食べよう」などともっともらしい説明が載っていました。

水溶性繊維は確かにコンニャクの原料である「こんにゃく精粉」には、73%という高い割合で含まれています。
でもあなた、こんにゃく粉って見たことあります? こんにゃく製造に携わっている人くらいしか、お目にかかる機会はないでしょ。
そしてできあがったこんにゃくは、たぶんそのマンナンがほぼゼロ状態。

板こんにゃくや糸こんにゃくにはそもそも繊維質自体が少ないのです。水溶性繊維微量、不溶性繊維が2%強です。もっとも、97%以上が水分だから、繊維がないどころか、繊維以外何も含まれていないというほうが正しいのかな。
つまり、こんにゃくなんてわざわざ食べる価値などない食品であります。味や香りや食感が好きで好きでたまらない・・・ならともかく、安物は臭くてまずいしねえ。

ダイエット中の人は、低カロリーのこんにゃくを食前に食べることで満腹感を得て食事の量を減らそうともくろむかもしれませんが、それも賢い方法とはいえません。
栄養素のないもので胃腸を満たしても、一時的なもの。反動で間食が増えかねません。
第一、満腹感が来るまで食べようとすること自体、健康の敵なのです。いつまでも腹八分の感覚をつかめないから。

などと、さんざんあげつらっておきながら、安いこんにゃくのピリ辛炒めを食べました。(^^ゞ

こんにゃく


スポンサーリンク

2012年06月28日 16:46 by るの | コメント(0) | 食べる

皿うどん

というわけで(?)、またも麺の話です。

ずっと昔。職場の近くに評判のちゃんぽん店があり、昼休み、先輩に連れられて行きました。
ちゃんぽんのような汁気の多い麺を人前で食べるのは非常に苦手とする私、焼きそばを注文しようとしたら、先輩に「ここの焼きそばは、よその店と違って、パリパリ麺のあんかけそばだから、普通の焼きそばを食べたいなら皿うどんにしたほうがいいよ」と言われました。

「普通の焼きそば」というのは、わが町の認識では、横手焼そばのような甘辛ソースで味つけしたものですが、そのとき食べた皿うどんは、それとはちょっと異なり、麺が太く、ちょうど汁のないちゃんぽんのような味でした。
それはそれでおいしかったので、その後、混雑する時間帯を避けてたまに行くようになりました。

パリパリ麺の焼きそばも食べてみまして、これはたいそう気に入りました。すするわけにいかないところがよろしいではありませんか。
麺が堅いのはフライしているからで、きっとカロリーが高いのでしょう。

このたび、『雲仙きのこ本舗』の『もてなし皿うどん』というものをいただきました。
これが実は、パリパリの堅焼きそばなのです。
地域によって名称がバラバラなんですね。いちおう本場長崎にある店だから、こちらが正統のようですが、パリパリの感触と「うどん」という名前は、なんだか乖離があるなあ。

皿うどん

レトルトの具を炒め、溶いたスープでさっと煮込んで、麺にかけるという手間をかける分、チンするだけの冷凍あんかけ焼きそばよりは料理した気分になれますぞ(でも洗い物が増える)。


スポンサーリンク

2012年06月18日 15:14 by るの | コメント(0) | 食べる

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。