黒スパ

イタリア産イカ墨スパゲティです。

イカ墨スパゲティ

パスタそのものにイカ墨を練り込んだという代物で、価格は安売り輸入スパゲティの5倍以上。味のほどは不明だけど、物は試しと買ってみました。
色が色だけに、取り合わせる素材が難しそう。


エビとタマネギの豆腐ソース。隠し味にお味噌をちょっぴり。うげ、まずそう。
実際、おいしくなかった・・・。

エビ豆腐スパ

そもそもスパゲティにイカ墨を混ぜたら味がどう違うのか、食べてもよくわかりません。イカ墨はアミノ酸豊富でおいしいという話だけど。
ゆで汁が黒くなることはありませんが、食べたあとのお皿には黒い粉がたくさん残っていました。


これは、ニラと炒めて醤油で味つけし、かつお節をふりかけたもの。
わりと和風好みなんですぅ。

かつおニラスパ


そして極めつけはイカ墨重ね。
市販のイカ墨ソース(エスビー予約でいっぱいの店のいかすみソース)をぶっかけました。具などほとんど入ってないようなので、オニオンの薄切りを炒めたものを混ぜて。それでも真っ黒け。

イカ墨×イカ墨


結局、かつおニラが一番まし・・・だったような。


スポンサーリンク

2017年01月19日 15:05 by るの | コメント(0) | 食べる

生麦生米生あずき

お赤飯を炊くときは、ささげ(または小豆)を、別途ゆでてから加えるというのが常識です。
生のまま米といっしょに加熱すると、豆が膨張して危険だと、炊飯器のマニュアルに「警告」が載っています。

このごろ日常的に小豆ごはんを愛好しています。おこわの赤飯ではなく、普通の米にゆで小豆を混ぜた簡易版。
小豆を洗って火にかけ、少し経ったらお湯を捨て、新しい水でゆで直します。ゆで汁ごと玄米または白米に混ぜて、炊き込みご飯モードで炊飯。

それにしても、小豆って煮え易いのです。まだ硬いかなと感じても、炊飯後にはつぶれちゃったりしてる。

思い切って、生のまま炊いてみることにしました。
ただし、前夜から玄米・麦とともに水につけ、冷蔵庫で保管。炊くのはお昼です。

炊飯器のメニューは「玄米炊き込み」で、水かげんはかなり多め。
1時間40分ほどで普通に炊きあがりました。ふきこぼれたり、内蓋にあぶくがついたりすることもないようです。小豆は腹割れしているのもあって、お米より軟らかいかも。

あずきごはん

小豆をゆでこぼさないと、あくが強くて不味いと言われますが、まあ、好みの問題じゃないでしょうか。小豆大好きな人には、コクがあってよろしいものですよ。


スポンサーリンク

2016年11月25日 09:26 by るの | コメント(0) | 食べる

いりこふりかけ

煮干しのことを、この辺りでは「いりこ」と呼びます。炒った子イワシってことで名づけられたらしい。

私にはだしを取る習慣がなく、いりこもれっきとした「魚」としての位置づけです。
味噌汁の具にしたり、煮つけに入れたり、ふりかけにしたり。

業務用スーパーで、一袋1,000円くらいの「特選いりこ」を買ってみました。
全身銀色の大粒で、形が崩れていなくて、いかにも高級そう。食塩さえ加えていない無添加品。
さすが高いだけある。
感心しつつ、よくよく考えたら、いつも買っていた「食べる小魚」(50gで198円)の半値くらいなんだ。500グラムも入ってるので。
大量だから、保存は冷凍庫で。

いりこ簡単ふりかけの作り方です。

丸のままのいりこをオーブン皿に広げて低温ロースト。冷めたら広口瓶に移して、すりこぎでゴリゴリつきます。フードプロセッサなど使わずとも、粉になります。大きなかけらも混ざっているのが、素朴でよろしい。
すりごま、粉黒糖、塩、切り海苔などを混ぜてできあがり。

いりこのふりかけ

海老を加えると彩りも風味も向上するのですが、焼きエビの国産品がこのごろ店頭から消えてしまって、残念です。

まあ、今後いりこを食べる機会は少なくなると思います。カルシウムと鉄分の摂りすぎが心配だもの。


スポンサーリンク

2016年11月17日 18:04 by るの | コメント(0) | 食べる

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。