食べるな危険

冷凍庫に入れていたお餅を出したら、点々とカビが生えていました。年末の餅ではなく、今年ついたものです。しかも、入れてから1週間くらいしか経っていないのに・・・。
友人の手作り餅(餅つき機使用)だから、もともと衛生的な問題があったかもしれないけど(いや、失礼)、それにしても餅のカビって強力なんですねえ。

昔の人は餅のカビなら大丈夫と言って平気で食べていたようだけど、今では癌の遠因だとかなんとかかまびすしいから嫌がるでしょうね。
ほんとに癌を誘発するのなら、こっそりお姑さんに食べさせて早死にさせよう・・・などと一種の凶器になりますが。

もっとも、お餅はそれだけですでに凶器です。例年かなりのお年寄りが餅を喉に詰まらせて亡くなっています。
危険だから餅という食品をなくそうという動きはまったく広まらないですね。さすが古来伝統食。

そういえば、新しい食品であるこんにゃくゼリーでも死亡事故があとを絶たず、裁判沙汰にまでなっているのに、企業は製造をやめないし、注意書きも読まずわが子に与える親がいるのには驚きです。そんなにおいしい、あるいは儲かる食品なのでしょうか。食べたことないからなんともいえないけど。


スポンサーリンク

2011年01月31日 21:38 by るの | コメント(0) | 食べる

カップヌードルごはん

関西の人からお土産にもらったものがコレ。

カップごはん

『カップヌードル味』の『即席カップライス』だそうで、ヌードル(麺)の代わりにごはんが入っている、いわゆるかやくごはん。この紙箱に水と材料を入れて電子レンジで5、6分加熱して作ります。

カップヌードルを最後に食べたのはたぶん十数年前ですが、これを食べたら、なるほどあの味だーと記憶が蘇りました。塩辛くてパサッとした肉らしきものも、味・感触ともにそのまま。

すごーくおいしいって代物じゃないけど、麺嫌いにとって、何もないときには便利かもね。


スポンサーリンク

2011年01月24日 21:25 by るの | コメント(0) | 食べる

貧しい食卓

先日実家を訪ねたとき、母は手作りのぜんざいで歓待してくれました。
昼ごはんはぜんざいとたくあんで、晩ごはんはシャケ弁当、いわゆる『ほか弁』でした。

このごろ料理や片付けものをするのがおっくうで、つい出来合いの品々で済ませてしまうとのこと。今や弁当屋さんの上得意となってしまったらしいのです。
ぜんざいはどうにか小豆から煮たそうだけど。

久しぶりに食べたシャケ弁当はおいしくありませんでした。塩鮭は塩気がなく、焼き方も足りずに生々しい感じ、ほかのおかずは魚のフライとちくわの天ぷら、それに佃煮と漬物。野菜が全然ないじゃない。

若者ならともかく、年寄りが毎日そんなもの食べちゃいけません。

母は高齢で足腰も精神も弱ってきているから、遠からず私は実家に戻って両親の面倒を見なければいけなくなるでしょう。なんだか暗い気分だなあ。

ぜんざい

そのとき余ったぜんざいを持ち帰って冷凍し、今日温めて食べました。


スポンサーリンク

2011年01月13日 21:52 by るの | コメント(0) | 食べる

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。