マヨたま

平岩弓枝は多作だし、かなりの人気作家のようですが、ほとんど読んだことがありません。

ずいぶん昔、現代小説をふたつ、それもたぶん部分的に読みかじった程度です。
そのふたつは全く別物で、ストーリーなど覚えていません。唯一記憶に残っているのが、どちらにも卵焼きを作る際にマヨネーズを混ぜる男性が登場すること。味がまろやかになっておいしいんだとか。この著者はマヨネーズ入りの卵焼きがグッドアイディアだと自信を持っているんでしょうね。

あまりに印象深かったので、実際に作ったことがあります。
マヨネーズを混ぜた卵を油で焼くんだから、エネルギーは相当なもの。低カロリーマヨネーズなど開発されていなかった時代です。
現実的には、卵とマヨネーズはうまく混ざらず、ぼてぼてっとしたマヨネーズのかたまりが浮いてるような卵液になります。焼いてしまうと、分離感はなく、卵焼きにマヨネーズをかけるよりはいけるのではないかと思いました。

最近そのことを思い出して、また作ってみました。マヨネーズと市販の麺つゆを混ぜて、色合いはあまり良くないのですが、柔らかくふっくらと焼けました。
たまにはこういうのもいいですよ。


スポンサーリンク

2010年12月10日 23:19 by るの | コメント(0) | 食べる

えせコーヒーゼリー

カルピス寒天を作ったのがきっかけで、それまでほとんど目もくれなかったジュースや清涼飲料水のたぐいを買って、寒天に混ぜてみるようになりました。粉寒天の在庫がたくさんあるんです。

寒天液で薄まるわけだから、カルピスみたいに濃厚でなければまずいだろうと思っていたのですが、あまり関係ないようです。寒天液は濃いめに作りますが、ジュースによって相性があるみたい。寒天との相性というより、私との相性。

果物のジュースでは、果汁100%のミニッツメイドよりも、30%の小岩井純水ぶどうなんかのほうがおいしく感じます。
フルーツ入り野菜ジュースは値段は高いけど、寒天にするとなんだか不味い。そのまま飲むとなかなか美味です。
乳飲料ではいちごオーレを試したら、けっこういけました。
紙パックのバンホーテンココアは、固めてもそのまま飲んでもおいしくない。薄いーって印象。

さてこれは、マリーム入りインスタントコーヒーを寒天で固めたものです。形ぼってり。

コーヒー寒天

クリープやマリームなどのクリーミングパウダーもめったに買ったことがなかったのですが、最近『メープルミルク仕立て』のマリームを愛用しています。普通のパウダーと違って、甘みがあります。香りも甘くて好きです。
だけど後味があまり良くなくて、いつまでも口の中が甘ったるいんです。歯を磨いても残っているようで。

そのしつこい後味、寒天で食べたら、わりと緩和されるみたいです。


スポンサーリンク

2010年11月30日 15:42 by るの | コメント(0) | 食べる

京風鶏カレー

八起庵の鴨なんばは麺嫌いの私でもまいっちゃうおいしさでした。といっても、最後に食べたのは10年以上前のことで、味なんか覚えていません。細麺で上品な雰囲気でした。

このたび、同じ八起庵の鶏カレーをいただきました。むろんレトルトです。
お皿に盛ったご飯にかけるよりも、カレー丼やカレーうどん向きだとのことで、うどんを試すことに。なにぶん生まれてこのかた、カレーうどんを食べたことがありません。

お揚げや九条ねぎを加えると『より美味しい』そうで、九条ねぎなんて近隣には売っていないから、普通のネギを使用。カレーにお揚げなんてミスマッチって感じだけど、とりあえず寿司揚げ1枚刻んで入れました。

カレーうどん

お味は・・・いけます。和風だしであっさりしているし。
まあ、1度食べればじゅうぶんです。それよりも鴨なんば食べたいなあ。


スポンサーリンク

2010年11月08日 17:35 by るの | コメント(0) | 食べる

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。