厚化粧

『サクッと軽い食感のパイとチョコレートのハーモニー』という惹句のお菓子『ショコフィーユ』を買ったのです。

細かいことをつつくようだけど、これの実物は、箱に印刷されている写真に比べるとずいぶん貧弱なんですよね。チョコがぺちょっと沈んでるでしょ。
箱用見本を作った社員さん、ちょっとばかり後ろめたさを感じませんでしたか。その見本は皆さんで食べちゃったんでしょうね。

ショコフィーユ

そりゃあ世の中、いろんな商品においてこのような脚色は珍しくなく、この例が特に悪質だと言いたいのではありません。

でも、ふと見比べた人には、多かれ少なかれイメージダウンとなるに違いありません。

ごくごく小さな文字で『※写真は味のイメージです』なんて書かれてはいます。そんな言い訳をするよりも、実物の写真を載せれば潔いではありませぬか。
一般的に、箱を見て「お、このお菓子はチョコがこんもりしているから買おう」なんて人は少ないはず。

ともあれ、この商品は遠からず消えるのではないかと思います。
味もこれといって特長がなく、また食べたいおいしさではないし、形もつまんないし、安くても割安感がないし。

チラシにも載らずに安売りされていたのが、不人気の証拠。
同店のチラシには、似たようなタイプのロングセラー商品『ロッテパイの実』が目玉商品として★がついていましたよ。


スポンサーリンク

2010年11月02日 19:25 by るの | コメント(0) | 食べる

からしれんこんチップス

ポテトチップスは何かと不健康なイメージですが、じゃがいも自体はなかなかヘルシーな食物です。油で揚げるのがいけないんですよね。
揚げないチップスもあるけど、味のほうはいまいち・・・かも。

じゃがいも以外にも、いろんな野菜や芋類がチップになっていますが、このたび『からしれんこんチップス』というものに遭遇しました。

からしれんこんチップス

熊本名物芥子蓮根は、蓮根の穴に芥子味噌を詰め、黄色い衣をつけて揚げたものです。
けっこう好きだけど、わざわざ買うほどではなく、数年に1度くらいしか食べる機会はありません。

チップスのお味は・・・単なる蓮根チップスの芥子味ってとこ。辛みも塩気も強く、お子様には向きません。やっぱりお酒のおつまみ。

芥子蓮根を薄切りにして揚げたもの、なら面白いんだけど、芥子が穴に詰まったままの状態を保って揚げるのは技術的にも容易ではないでしょうね。
ま、蓮根チップスは穴があるところが形の妙味なのですよ。

蓮根チップス


スポンサーリンク

2010年10月08日 20:19 by るの | コメント(0) | 食べる

ミスマッチ

栗ご飯を炊こうと米を洗っていて、ふと思い出した、マンガ『あたしンち』の母のコトバ・・・栗ご飯ははたして栗の一番おいしい食べ方か?
うーむ、確かに鋭いご発言。
マンガでは「だから松茸ご飯は松茸の一番おいしい食べ方ではない」という結論になってたけど。

別に「一番」でなくたっていいのよね。
小豆の一番おいしい食べ方は赤飯じゃないと思うが、赤飯は小豆だけよりもご飯だけよりもおいしい(人によって好みも違いましょうが)。米に小豆がしみこんで、素材同士が高め合っているのです。

翻って栗には、ご飯に移るほどの味も香りもなく、その存在感ときたら、単に大きいことだけ。この異様な大きさもミスマッチだしぃ。
結局栗ご飯って、栗にもご飯にもマイナスな取り合わせって気がするなあ。

だからって、私は栗ご飯を中止するわけにはいかなかったのです。
例によって、インスタント栗ご飯の素だから、転用・応用が利きません。

栗をもっと細かく刻んで、鶏肉や人参、きのこなどといっしょに炊き込みご飯にしたらどうかしら・・・って、「栗ご飯」のイメージから外れちゃうな。


スポンサーリンク

2010年10月07日 20:15 by るの | コメント(0) | 食べる

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。