めでたいミカン

夏みかんの種をまいて育てたことがありますが、ろくに大きくならず、枯れてしまいました。

もう同じことをするつもりはありません。

先日、甘夏のゼリーを作ろうと、半切りにして種をほじくり出していたら、実(砂じょう)の中になんか妙なものが混じっているのです。硬い紐のような形状で、長さは2、3センチ。
よっく見たら、種から出ていたのがちぎれたようです。つまり根っこ。実の中の種が芽吹き始めていたんですねえ。

ミカンの種

質の良くなさそうなミカンだからゼリーに入れようとしたわけですが、こんなのって初めて。

芽出しかけの種をいくつか洗って、アボカドの根元に埋めておきました。

はたして苗になれるか・・・。


スポンサーリンク

2010年07月27日 23:56 by るの | コメント(0) | 食べる

とうきび泥棒

小学校1年生の夏休みだったと思います。
近所に住んでいた同学年のいとことよく遊んでいました。同級生とはいえ、いとこは6月生まれ、私は早生まれなので、万事向こうがお姉さんって感じです。

何よりもすごいことに、彼女はマッチを擦って火を点けることができました。

彼女の家のお勝手口のそば(敷地内?)にはとうもろこしが植えられていました。
どちらが言い出したことかわかりませんが、その実を焼いて食べようということになりました。

で、2本もいで、どこか見つからない場所は・・・と考えたあげく、裏山をずんずん登って、枯れ枝を集めて火を点け、そこにとうもろこしをのせて焼きました。
ちゃんと焼けたのか、どんな味だったか、全く覚えていません。
お互いの歯に焼けたとうもろこしのかすがついているのに気づいて、落としておこうねと話し合ったのでした。

そのことがばれて叱られたような記憶もありますが、大人たちの対応はわりとおおらかだったような。

今考えると、なんと危険なことをしたものでしょう。幼い子が山奥で火遊びだなんて。
一歩間違えれば山火事に発展したかもしれません。

私が自力でマッチを使えるようになるまで、それから2、3年を要しました。
今の子どもたちはマッチを目にすることなんて、めったにないでしょうね。

とうもろこし


スポンサーリンク

2010年07月21日 21:40 by るの | コメント(0) | 食べる

スイカの漬物

今年初めてスイカを買いました。
・・・と書くと、毎年何度かスイカを買っているみたいだけど、実は年に1回でも多いほう。数年ぶりのことです。

スイカなんてそんなにおいしいものじゃないし、1個買うと小家族では食べきれないし、皮が厚くてごみがたくさん出るし・・・で敬遠する人も多いことでしょう。

今回買ったのはわりと安物のカットスイカです。
甘みはまあまあ。種が白くてまだ熟していない印象。外側に近い部分は甘みも足りません。

皮は漬物にしました。
緑の固い皮と赤い実を除いて、薄緑色の部分だけを一口大に切り、塩を振って重石をします。
数時間後には食べられるけど、一晩置くとかなりの水が出て柔らかくなります。絞ってそのままいただきます。醤油などかけてもいいけど。

私は赤い実の部分も残すことにしています。甘辛くて、なかなかいけます。

西瓜漬

スイカの漬物といえば、以前、丸ごと奈良漬にした市販品をいただいたことがあります。
ベビースイカで1個がキウイ程度の大きさ。ま、小さい瓜って感じでした。


スポンサーリンク

2010年07月19日 23:12 by るの | コメント(0) | 食べる

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。