豚奈良漬

奈良漬は粕を洗い流さず、少しつけたまま食べるのが正統な作法だそうです。

奈良漬

さらに、残った粕の利用方法として、塩ジャケや塩サバを数日間漬け込むと、風味が増しておいしくなるとか。
でも塩味+粕味でしょっぱくなりすぎないかしら。

そこで、無塩の豚肉を漬けてみました。しょうが焼き用として売られていた薄切りロース。
生肉だから数日も放置したら傷みそうなので、一晩冷蔵庫で保存。粕をペーパータオルでふき取ってフライパンで焼きました。弱火にしないと焦げつきます。

ポーク

アルコールの香りがだいぶ残っていたけど、何もかけなくても甘辛い味がじゅうぶんしみていて、おいしくいただきました。


スポンサーリンク

2009年12月15日 22:33 by るの | コメント(0) | 食べる

辛味大根

何かとピリピリするものが大好きです。

スーパーで辛味大根というものを見つけて買ってみました。
太さは普通だけど、丈が短くてかわいらしいイメージ。

ラベルには『皮ごとすりおろしてください』とありまして、皮ごとおろせばたいていの大根は辛みがあるもんだと思いつつ、先っちょのほうからおろし、ポン酢をちょっとかけてお味見。

そしたら・・・全然辛くないの。
あとでピリッと来るのかなと、しばらく待ったけど、なんともありませんでした。しかも舌触りがぱさぱさ。
普通の青首大根のほうが辛くてちょっと甘みもあっておいしいような気がします。

大根おろし

残りは煮物にでもするつもり。


スポンサーリンク

2009年12月07日 23:30 by るの | コメント(0) | 食べる

冬の飲み物

麦茶は夏の飲み物というイメージですが、熱い麦茶もいけますよね。
水や白湯ではもの足りないとき、麦茶にはちょっと味や香りがあるから、ちゃんとしたものを飲んだ気分になれるし、緑茶やコーヒーに比べるとカフェインが入ってないから健康的。

水出しで1リットルずつ作って冷蔵しておき、飲むときはカップに入れてレンジでチン。手軽さもグッド。

ところで、コーヒーはインスタントの粉と水をレンジで温めると書いたことがありますが、このごろはやかんでお湯を沸かして淹れるようになりました。
渦巻き式の電気コンロはスイッチを切ったあとも余熱が残っているから、手をかざしてあったまるわけ。

考えたら、去年やおととしの冬は無造作にレンジで作っていました(それ以前はウーロン茶を愛飲していて、あまりコーヒーを飲まなかったみたい)。
今年が特別に寒い印象はないのだけど、どうも私が寒さに弱くなりつつあるような気もします。やっぱりトシか。

熱い飲み物や生姜湯などで体を温めても、消化器官は体の外側なのだから、根本的解決にはなりません。
筋力つけて内側から温めるように努力しなきゃ。


スポンサーリンク

2009年12月03日 23:31 by るの | コメント(0) | 食べる

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。