ライン

以前、なつかしいかりんとうの話をしました。そのかりんとうはいろんな形をしていましたが、一番ポピュラーなかりんとうは○○の×××みたいな形状だとやっぱり思っちゃいます。

その伝統的かりんとうです。長いの短いの、曲がったの、太いのなど、いかにも手作りって雰囲気。

シナモンかりんとう

でも風味は今様に(?)シナモン味。袋を開けたとき、ちょっとシナモンの香りがしましたが、食べてみるとほとんど感じません。

袋には『昔ながらのかたい手づくりかりんとう』というラベルが斜めに貼られていまして、ラベルの文字も途中で切れているのです。いかにも手作りって雰囲気。
そしてまた、噛むと固いのなんのって。ほんと、昔ながらの雰囲気。

しかし。
裏のラベルには『そば、乳を含む商品と同一ラインで製造しています』と、アレルギー注意書きが。
これを読んだとたん、無人の工場のオートメ機械から次々と流れてきて袋詰めされるかりんとうの姿が浮かんできたのであります。言葉がかもし出すイメージって、現物から想像されるイメージと同様に強い場合があるんですねえ。


スポンサーリンク

2009年11月26日 23:05 by るの | コメント(0) | 食べる

Where is fukahire?

今日のランチにはふかひれスープをプラス。・・・とは贅沢な。

ふかひれスープ

とゆーか、こんな器しかないんか。そういえば、中華に向いた食器はほとんど持っていません。

むろん中身はレトルトのインスタント食品です。水で薄めてお鍋で煮立て、溶き卵を流し入れればできあがり。
とろりとした舌触りで、まあまあでした。

原材料の表記を見たら「ふかひれ0.6%」とな。0.6%でメインなんだから、その存在感はすごいもんです。
でも、ふかひれがどんな味でどんな食感なのか、結局わかりませんでした。


スポンサーリンク

2009年11月24日 22:36 by るの | コメント(0) | 食べる

ペッパーステーキ

今宵は豪華にステーキ!
といいながら、ハムやんか。しかもペッパーはブラック。

ハムとキャベツ

でっ、でもですね、我が家ではハムの厚切りだってじゅうぶん贅沢なんですよっ。

ハム工房モクモクファーム原型ロースハムです。
開封直後のハムは生で食べたいんだけど、このハムは普段スーパーで買う薄切りロースハムなどに比べると、脂肪がずっと多いみたいで、軽く焼いて落とそうと思ったのです。

脂肪はコワイと思っても、ハムやベーコンはある程度脂肪があったほうがおいしいんですよね。


スポンサーリンク

2009年11月20日 22:23 by るの | コメント(0) | 食べる

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。