おこげ

今日の夕食はさんまの塩焼きと大根おろしでした。
焼いているうちにさんまの皮がぐじゃっとなったので、画像はなし。でも見かけによらずおいしかったと思いますよ。ぐじゃっでもパリッだし、身は脂がのっていて。

ちょっと焦げたものをおいしく感じるのは、いったいなぜなんでしょう。
蛋白質でも炭水化物でも脂肪でも、ほどよく焦げた状態は「香ばしい」と誰もが好みます。焦げすぎるとまずい、というか食べられなくなったりするけど。

人類が火を利用し始めて何万年になるか知らないけど、すでにDNAが熱加工品を標準食として受け入れるように進化しつつあるのでしょう。
肉を加熱したら食べやすくて長持ちするということから始まって、そのうち少し焦がしたらもっとおいしいと気づいたのではないかと思います。

でもおいしいことが体にいいとは限らないらしいのが、現人類の悲劇かも。
そもそも焦げは変質であるからして、不自然な加工なのです。がんの原因になるとも言われます。とりわけ中高年は注意する必要がありますぞ。


スポンサーリンク

2009年10月13日 23:24 by るの | コメント(0) | 食べる

バターしょうゆ餅

先日、バターで炒めたご飯が美味と書きました。バターとしょうゆ、それに焼き海苔という組み合わせは、どうも私の好みにぴったりのようです。

それで思い出したこと。
数年前、インフォシークに小さなサイトを持っていまして、そこに『バターしょうゆ餅』というページをアップしたのです。
「オーブントースターで焼いたお餅にしょうゆをつけ、バターをのっけて、焼き海苔でくるんで・・・」云々と、わずか数行の簡単な内容でした。

それがたまたまインフォシークのお正月特集で取り上げられ、妙にアクセスが伸びたことがありました。

餅

昔からバターしょうゆ味って大好きだったんです。
太るもとだから、バターの値上がりはけっこうなことですわ。


スポンサーリンク

2009年09月21日 23:40 by るの | コメント(0) | 食べる

具なしチャーハン

しばらく閉じこもってまじめに仕事をしていました。ほんとうです。
そしたら冷蔵庫の中ががらんとしてしまいました。そろそろ買い物に行かないと飢え死にするぞう。

今の状態でも根性据えればあと半月は籠城できると思うんです。
お米はだいぶ残ってるし、ラッキョウ、シソのふりかけ、海苔に鰹節が少々。

でも、シソおにぎりとおかかおにぎりにはもう飽きた。
なんかないだろうかと捜したら・・・バターめっけ。

で、ご飯をバターで炒めてしょうゆをたらし、海苔で包んではぐはぐと食べたら、油がしみ出て手がべとべと。
でも味は絶品。バターの香りとちょっと焦げたしょうゆの風味がバッチリなんです。
なんだか病みつきになりそう。

とはいえ野菜を切らして不安だから、結局買い出しに行きました。
だったら、アイスと菓子パンじゃなくて、野菜をもっと買え。


スポンサーリンク

2009年09月17日 21:49 by るの | コメント(0) | 食べる

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。