ゴボウの茎

ゴボウは通常根っこだけで売られています。
こんなに長い茎がついているのは、根だけだと短すぎて割高感を与えるからそれを回避しようとの魂胆だ。とはイジワルな見方ですかね。

牛蒡

せっかくついているのだから捨てちゃもったいない(相変わらずビンボー症)と、はがして洗いました。
なんだか筋が多くて蕗に似てるなあ・・・そこでやっと気づいたのです、これは茎じゃなくて葉なんだと。正確には「葉柄」ですね。

根も柄も薄切りにしてお味噌汁に入れたり、刻んできんぴらにしたり。
筋っぽくておいしくなかったけど、まあ、食べられなくもないです。

根っこのほうは、新ごぼうだから香りもよくて柔らかく、中心の「す」もなくて、普通のごぼうよりおいしく感じました。


スポンサーリンク

2009年05月25日 11:40 by るの | コメント(0) | 食べる

健康ドリンク

このごろ葛湯(くずゆ)にはまっていまして。
葛湯なんて冬の飲み物じゃん、と言われそうだけど、季節に関係なく、体を温めるのは良いことですよ。特に低体温体質の人は。

レシピでは「弱火にかけて透明になるまで練る」などとややこしそうですが、私はお鍋を使いません。
葛粉と黒砂糖の粉をカップに入れ、水を注いで完全に溶かします。それを電子レンジにかけ、沸騰前に取り出してスプーンでかき混ぜていると、だんだんとろみがついてきます。そこへ生姜をすりおろしてさらに混ぜ、もう一度レンジで温めてあつあつにします。

黒糖くず湯

なんだかゴミの浮いたコーヒーみたい。見た目はどうでも、ピリッとしておいしいですよ。
生姜は絞り汁だけ入れると上品な仕上がりですが、繊維を摂るためには皮ごとおろしましょう。
分量は毎回適当にやってます。1回目はくず粉が多すぎて半ば固体化しちゃったので、すくって食べました。そのくらいが好みって人もいるでしょうね。

この葛粉、袋をよっく見たら「甘藷澱粉」・・・なんだ、原料はさつまいもなのでした。ま、本物の葛があの値段で買えるはずないかな。
お湯を注ぐだけのインスタントくず湯も出回っていますが、多くはさつまいも製らしいです。


スポンサーリンク

2009年05月22日 20:23 by るの | コメント(0) | 食べる

鯛寿司

小鯛の酢漬けというか酢締めがあったので、それで押し寿司みたいなものを作ろうと思ったのです。
箱か何かに入れてぎゅっと押しつけるのが普通のやり方でしょうが、適当な箱もないし、弁当箱や密閉容器でも代用になりそうだけど、あとで洗うのが面倒。結局ラップに包んでまな板の上で手押し・・・と、いいかげんに済ませました。

冷蔵庫で数時間寝かせまして、いざ切ろうとしたら、やっぱり押しが足りなかったか、ほろっと崩れてきそうな危うさ。でもいちおうちゃんと切れたし、食べてみたらわりとしっとりしてまあまあのお味でした。我が家で採れたシソの葉をはさんだから香りも上々。

ちなみに寿司酢は市販品です。つまりこれもインスタントなのでした。

鯛寿司


スポンサーリンク

2009年05月20日 22:51 by るの | コメント(0) | 食べる

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。