キャラメル・ミルク

牛乳にお砂糖入れて飲むとストレス耐性がつく、てな話を聞いたことがあります。砂糖入り牛乳なんて、お子ちゃまの飲み物ではありませんか。

でもま、疲れているときには体が糖分を要求しているせいか、おいしく感じられるものです。

ひところ、そのお砂糖を少し焦がしてカラメルシロップにしたものを混ぜたものにはまっていました。
そもそもは、お菓子を切らして口さびしいときにべっこう飴を作ったら、歯触りが悪くまずかったので、ミルクに溶かして飲んでみたのが始まりでした。

ミルク・カラメル

作り方。
カップにグラニュー糖を入れ、水をたらして電子レンジにかけます。色づき始めたころ取り出して、ちょっと放置すると色が濃くなります。やや冷めたところへホットミルクを注ぎます。

見た目はカフェオレかミルクティーみたい。
カラメルの風味が効いて、けっこういけますよ。

焦げの程度によって味わいも変わりますが、プリンに使うほど焦がさないのがコツです。


スポンサーリンク

2009年04月23日 22:18 by るの | コメント(0) | 食べる

過去の遺物

ときたまコロッケなど揚げ物を食べたくなることがありまして、もちろん我が家で揚げるとキッチンが汚れるから、お惣菜売り場で買ってきます(いや、ほんとの理由は自分で作るよりもましな味だと思うから)。

で、かぼちゃコロッケを食べてみましたら、ちょっと薄味だったから、ソースをかけたくなったのです。
冷蔵庫からソースを出して、でもこれ、かなり古いんじゃなかったかしらと、ラベルを見たら、賞味期限は11月。よかった、まだ先だ。

食べ終えてソースをしまうとき、再度賞味期限を確かめたら、あぎゃー、2008年11月だった。もう胃の中だよ〜。
体調は別になんともなかったけど・・・。

食品を捨てることなどめったにないのですが、これはやっぱり捨てざるを得ないでしょうね。


スポンサーリンク

2009年04月21日 22:41 by るの | コメント(0) | 食べる

タケノコご飯

春の味覚といえば、タケノコでございますわね。
炊いてみました、筍御飯。味も香りもなかなかのできばえです。

takegohan.jpg

といっても、例によって金沢浅田屋の炊き込みご飯の素でありました。
創業数百年の伝統ある料亭だそうで、だしが自慢のインスタント商品です。
別に浅田屋さんの回し者ではないし、宣伝するつもりもないんですけど、ここの製品をけっこうよくいただくものですから。



スポンサーリンク

2009年04月17日 22:57 by るの | コメント(0) | 食べる

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。