レトルトカレー

自分でカレーを作ることはめったにないのですが、レトルトのカレーは時々食べます。自分で作ると時間がかかるし、大量にできてしまうし、鍋やおたまを洗うのがたいへん。

わりと気に入っていたのが『銀座カリー』。これはあまり安売りに出なくて、238円内外。たまに158円で売られていたら「買い」です。
昔は『カレーマルシェ』が好みだったけど、飽きてしまいました。
倹約したいときは69円くらいの『なっとくのカレー』で我慢します。

このごろ銀座カリーは味が落ちたような気がして、ここ数ヶ月は口にしていません。

先週の某スーパーのチラシでは、127円で出されていました。なるほどねー、もう人気がないんだと思っちゃいました。


スポンサーリンク

2009年04月15日 23:51 by るの | コメント(0) | 食べる

芽キャベツ+花キャベツ

1個90円の小さなキャベツを買いました。外葉のてっぺんがわずかに紫がかっていたので、陽に当たりすぎたのかなと思ったけど、たいした影響はなかろうと。

葉をはがしたら、親指〜小指大のちっちゃなキャベツがポロポロと落ちてきて、それが10個以上。
さらに切ったら、中央は茎が太く長く伸びていて、つぼみが何本か出ていました。いつも芯と呼んでいる部分が実は茎だったとあらためて認識させられました。

春だなあ、キャベツも成長期なのですね。
この季節、芽みたいなのがついてるのは珍しくないけど、花が咲きかけているのは初めてでした。キャベツの花も菜の花なのですよ。

芽も花も茎もまとめて刻んで食べちゃいました。味は普通のキャベツより落ちるみたい。


スポンサーリンク

2009年04月06日 17:45 by るの | コメント(0) | 食べる

憧れのチョコレート

明治ミルクチョレートのパッケージに、現在のような食べるチョコレートができたのは100年余り前だと書いてありました。
百科事典によれば、1876年にスイスで初の板チョコが作られたそうで、それを嚆矢とするのでしょう。以前は飲み物だったようです。

チョコレートといえば、小学校低学年のころ読んだ怪盗ルパンが印象的に残っています。大きな板チョコをいくつもバリバリ食べる美女が登場し、その気品と食欲の落差にルパンが呆れるのです。
で、あんなふうに豪快な食べ方をしてみたいなと幼心に憧れておりました。
それには薄っぺらい国産の板チョコでは雰囲気を出せないんだけど、うちはビンボーで、大きなチョコなんかまず買ってもらえない。

おとなになって自分のお金でスイス製の大きなチョコレートを買ったとき、これなら大丈夫と思ったものでした。でもスイスのチョコって、変に甘ったるくて好みじゃなかったなあ。


スポンサーリンク

2009年04月02日 15:44 by るの | コメント(0) | 食べる

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。