ウィーン菓子

フルーツの絵本』と並んで熱中したのが、『ウィーン菓子』(中央公論社)。これも絶版のようです。

横溝春雄 シェフの本

さすがにこちらは材料も用具もプロ仕様で、仕上がりに美しさが求められます。
半数とまでは行きませんが、いくつか作ってみました。シュバルツバルダーキルシュトルテ(さくらんぼとチョコレート)、ザルツブルガートルテ(ホワイトチョコケーキ)、ブフテル(チーズクリームをかけたパン)、寝巻を着たりんご(丸ごとアップルパイ)等々。

最初にトライしたザッハートルテは、見かけはまあまあで味は濃厚だったけど、チョコレートの舌触りがいまいちでした。チョコレートの扱いは難しく、素人の手には負えないって感じです。

紙のように薄く延ばした生地を巻き込んで焼くシュトルーデルも作ってみたかったけど、広い台がなくて挫折。

久しぶりにめくってたら懐かしくなりました。
いかん。こういうのに凝り始めたら、時間とお金がたちまち脂肪に置き換わってしまう。


スポンサーリンク

2007年11月20日 21:18 by るの | コメント(0) | 食べる

仏手柑ケーキ

わが家の古い料理本に、『フルーツの絵本』があります。薄くてコンパクト、図版は色鮮やかでイラストが可愛らしく、いかにも乙女好みです。すでに絶版。
この本で紹介されているお菓子は半分以上作ってみたくらい愛用しました。体脂肪の蓄積にも大貢献。

フルーツの絵本

お菓子やジャム、果実酒のほか、フルーツそのものの解説も載っています。

その中で仏手柑(ぶしゅかん・ぶっしゅかん)というものを知ったのですが、いまだに実物を見たことも食べたこともありません。
果実の下が裂けて指に似ているので、仏の手のような蜜柑と名づけられたのでしょう。
写真では十数本に分かれていて、なんだかブキミです。仏様は手が何百本もあったりするから、指が何十本くらいヘでもねえや、ってとこ?
香をたいたような神秘的な香りを漂わせ、食用よりも観賞用だとか。むろん食べられないわけではなく、皮ごと砂糖漬けにします。キンカンみたいな味だろか。

その仏手柑が入った焼き菓子をいただきました。本高砂屋のゴールド・シュトラスメディカ。

仏手柑ケーキ

しっとりして、いわゆるオレンジケーキみたいですが、柑橘類の風味は少なくて、ちょっと物足りない後口。神秘的な香りなど感じませんねえ。


スポンサーリンク

2007年11月19日 23:08 by るの | コメント(0) | 食べる

チータマご飯

バターの代わりにクリームチーズを使ったパウンドケーキのレシピを見かけたことがあります。
100gあたり745kcalのバターに対して、クリームチーズは346kcal。半分以下だからかなりのカロリーをカットできます。
バター風味は劣るけどチーズ風味が増すから、好きな人は大好き、というしだい。

完全な代役は無理としても、これまでバターや油を使っていたところをチーズに置き換えてみると、意外なおいしさを発見することがありますよ。

というわけで、チーズで炒めた卵チャーハン。

卵炒飯

小さめのフッ素樹脂加工フライパンを中火にかけ、とろけるチーズを置き、溶き卵を流します。半熟のうちに温かいご飯を混ぜ込み、塩を振って味付け。
いつもはご飯が見えないほど、もみのりをたくさんかけます。


スポンサーリンク

2007年11月09日 21:11 by るの | コメント(0) | 食べる

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。