柿もなか

奈良の人から名産『柿もなか』をいただきました。

もなか(最中)は皮が口の中にくっつくから苦手と言う人もいますが、私は大のあんこ好きなので、あん入りのものはなんだってOK。
残念ながら、この柿もなかに入っているのは私の好きな小豆餡ではなく、砂糖を使わず煮詰めた柿100パーセントの餡なのだとか(包装を見たら、果糖、水飴、寒天が含まれていたがね)。

柿モナカ

柿は柿で好きなんです。特に熟しすぎてべちょっと甘いのなんか大好き。
このモナカも干し柿の羊羹などと同じように、上品な味わいです。

ただしあんがちょっと酸っぱいかな。実は柚子の皮入りなのです。柚子の量が多いみたい。個人的な好みを言えば、柚子なしで柿のみを強調したほうが個性が出たはず。
柚子は柚子で好きなんですけどね。

贈り主がネットと無縁なので言いたい放題。ながら、パクパクと6個も食うてしもた。


スポンサーリンク

2007年09月13日 21:31 by るの | コメント(0) | 食べる

みょうがちらし

茗荷(みょうが)入りのちらし寿司です。

ちらし寿司

といってもインスタント。金沢浅田屋製『まぜごはんのもと』をいただいたものですから。
炊きたてご飯に混ぜるだけ。しかも我が家は玄米ご飯
おいしいですよ、玄米寿司だって。甘いから味なんていっしょ。と、おおらかなこと。
ただし色黒なのが残念。白いご飯で作るとほんのりピンクに染まって美しいのでしょうね。

普通のちらしと違っているのは、甘酢漬けの茗荷がたくさん入っていること。細かく刻んだものとふたつ割りの大きなものと。
ほかにも具沢山・・・人参、薄揚げ、蓮根、筍、かんぴょう、ちりめんなど。

私は茗荷、芹、生姜、紫蘇など、香りのきつい野菜が好きです。量のわりに高いからあまり買わないけど。

茗荷って、英語で何というんだろ。Myogaでいいのかな。
学名はZingiber miogaだとか。Zingiberはショウガ科の植物。Miogaとはなんだか日本的だけど、原産は熱帯アジア。

茗荷を多食すると物忘れをするという俗説は、海外の文献にも載っているそうです。でもなんの成分がどう作用するといった科学的根拠のようなものはさっぱり伝わっていません。
たぶん単なる俗説なのでしょう。


スポンサーリンク

2007年08月28日 18:27 by るの | コメント(0) | 食べる

でかプリン

引っ越し作業もどうにか一段落しました。

お祝いに(?)、どーんとデカプリン
ぷりん

耐熱ボウルに直接砂糖60グラムと水大匙2杯を入れて電子レンジにかけ、焦げ始めたら水大匙1を足してカラメルソースを作り、ちょっと冷ましておきます。
別のボウルで卵4個、ミルク440ml、砂糖45グラム、バニラを混ぜ、茶漉しでこして、カラメルの上から静かにそそぎます。
水を張った天パンにのせ、170度のオーブンで約45分蒸し焼き。
表面が固くならないように、アルミホイルをかぶせるとよろしい。

いつもは3つに分けるんですけど、今回初めてまとめ焼き。
中心が半熟に近い仕上がりで、ひっくり返したら崩れるのは必至。お玉ですくって小皿に取り分けました。焼き過ぎるとまわりからスが入ってしまうので、このくらいがちょうどいいんです。
見た目はナンダカナア・・・だけど、とろけるような舌触りで、味はけっこういけました。ホントだってば。

プディング

プリン本体の甘さを控えめにしていますが、ほろ苦く香り高いカラメルと絡めると気になりません。総カロリーは1,000kcalくらい。うわーん。


スポンサーリンク

2007年08月10日 12:28 by るの | コメント(0) | 食べる

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。