ちりめん山椒

関西の知人が手作りのちりめん山椒を送ってきました。

昔はわらびの里のちりめん山椒が上品な味わいでお気に入りでした。あれ、けっこう高いでしょ。自分で作れば無骨だけど安上がりです。
作り方も簡単。ちりめんと山椒をしょうゆと酒でさっと煮て、ざるに上げて電子レンジで水分を飛ばすんだとか。

チリメンさんしょう

ご飯に混ぜて焼き海苔で巻いて食べるとおいしいです。
山椒が多めだからピリピリします。これも自作の醍醐味?


スポンサーリンク

2007年06月21日 22:41 by るの | コメント(0) | 食べる

2度あることは

お昼にカレーの封を切ったら、ソースが飛んでTシャツにべちゃ。
着替えて食後のコーヒー飲もうとしたら、胸にバシャッとこぼしてもうた。ふぇーん、コーヒー飲んでから着替えればよかった。
よごれたまま自然乾燥させました。

さて、晩ごはん。今度はさんま蒲焼の汁がぴちゃ。着替えなくて正解だったね。
威張ってる場合か。粗忽さを反省しなさい。

むしろ反省すべきは、レトルトカレーにインスタントコーヒー、缶詰などの食生活でした。
今、忙しいからしかたないんです。明日中に片をつけて、あさってからはもっと優雅に・・・・・・たぶん。


スポンサーリンク

2007年06月07日 20:56 by るの | コメント(0) | 食べる

ベーコン生

食物を煮炊きして食べることにはいろんなメリット、デメリットがあるのだけど、煎じ詰めればそれは好みの問題だと思うようになってきました。

ほとんどの食物は生で食べることができます。
生ジャガイモはまずそうだけど、ごく細い拍子木に切って水でさらしてサラダにすれば、しゃきしゃきした歯ざわりがけっこういけます。じゃがいものビタミンはわりと熱に強いから、そういうふうに流出させて食べる意義があるかどうかはともかく。

加熱による殺菌・減菌作用は重要です。
鮭や豚の生肉は寄生虫や病菌がいて危険だといわれました。今では生産管理体制が整っているから大丈夫です。
そもそも人間の体は思ったより頑健だから、あまり気にすることないのです。雀みたいにちっちゃい生き物でも、泥まみれのお菓子を平気で食ってるよ。
火を通して菌や虫が死ぬのはわかるけど(たまに死なないものも)、その死骸をいっしょに食べて安全・・・ってのは複雑な気分じゃありません?

『まろやかな口どけでそのまま食べられる』というフレコミの高価(?)ベーコンを入手したので、生のオニオンとサラダにしてみました。
ドレッシングはハーフマヨネーズとヨーグルトを混ぜたもの。

生ベーコン、ではありません。生ベーコンは苦手。あまりに塩辛くて、味がわからぬ。
思えばベーコンもハムも同じようなものだから、ハムだけ生で食べる習慣ってのも奇妙なのです。
それにしてもベーコンの脂身の多さにはたじろぎます。薄切りにしたら半分以上が真っ白。そのせいでとろける舌触りなんだー。うん、確かにハムよりもおいしい。

ベーコンサラダ

でもま、生のタマネギはたくさん入らないし、あとあとまで口に残るから、日常的に食べたいものではありませんね。


スポンサーリンク

2007年05月24日 19:51 by るの | コメント(0) | 食べる

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。