かもめの

おじいちゃんは112歳。
でも私も含め親戚のほとんどが、もう20年以上会っていません。

おじいちゃんのなつかしい写真が出てきました。セーラー服姿です。

おじいちゃんは別にセーラー服マニアではありませんことよ。



水兵さん



ウソばっか書いて・・・。


スポンサーリンク

2010年08月16日 20:29 by るの | コメント(0) | 見せる

マイ風呂敷

エコの一環として、風呂敷を持ち歩こうとの提唱を聞いたことがあります。

風呂敷はかさばらないし、どんな形のものでも包めるフレキシビリティが特長です。戸外で座るときには敷物として、寒いときはスカーフ代わりになったり、いろいろと便利です。
いろんな結び方を説明したイベントやパンフやサイトもあれば、風呂敷をバッグふうにできるアイデアグッズもあるようです

スーパーでレジ袋の代わりに風呂敷を広げる人は、さすがに見たことがありません。単品の包装に向いているんですよね。

うちにも風呂敷があったような気がして探したら、何枚か見つかりました。
どれもチャチっぽい安物。濃いピンクのものは化繊のちりめんです。芥子色の無地は不織布製で、使い捨てにできるかなと思って取っておいたらしい。

風呂敷

持ち歩いてもいいけど・・・使う機会が訪れるのでしょうか。

ところで、風呂敷と聞いて、緑色の唐草模様を思い浮かべるかたはかなりの通ですよ(年配って意味?)。


スポンサーリンク

2010年04月26日 20:47 by るの | コメント(0) | 見せる

昔の弁当箱

きょうは不燃ゴミの日。
不燃ゴミは半年に1度くらいだったけど、このごろは毎月のように出しています。

このところ蛍光灯が切れたり時計が壊れたりしたほか、お菓子の缶や古い鍋などの不要品を極力捨てるようにしているのです。

とにかく我が家はガラクタだらけ。世に言う『ゴミ屋敷』ほどひどくはありませんが、もし私がポックリ逝ったら、遺族は片づけのために苦労するでしょう。今のうちに整理しておかねば。

戸棚を漁っていたら、大量の密閉容器に混じって、かわいらしい弁当箱が出てきました。幼稚園のころ使っていたものです(おい、サバ読んだな)。
「かわいらしい」とは大きさのことで、昔はこんな量で平気だったのね〜。痩せていたはずだあ。

弁当箱

今ではお弁当を食べる機会などないので、潔くポイ。
密閉容器は燃えるゴミの袋に詰め込んだけど、かさばってすぐにいっぱいになりました。

ところが・・・不燃ゴミを出し、買い物をして戻ったら、机の上にハローキティの弁当箱が・・・。これだけ入れ忘れていたのです。心の奥に未練があったのでしょうか。
来月回しとします。


スポンサーリンク

2010年03月12日 18:34 by るの | コメント(0) | 見せる

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。