ソックスカバー

病院のスリッパ(の衛生状態)が気になるから、ソックスにカバーをかけています。

その後の観察で、同じようにしている人が複数名いることに気づきました。すべて女性です。
私のように靴の中に履いてきて帰りがけに脱ぐのではなく、やや厚手のカバーを持ってきて、スリッパに履き替える前に履いています。

ある日、病院からの帰り道、雨が降ってきました。リュックの傘ポケットから傘を出したのですが、どうやらそのときソックスカバーを落としたようです。いつも傘ポケットに突っ込んでいたので。

ソックスカバーはもう1足ありますが、どうせならもっとカバー力の広いものが欲しくて、衣料品店で探しました。でも適当なものが見つからず、手作りすることに。

手作りソックスカバー

これはフィット感をチェックするための試作品です。素材はストレッチコットン。
型紙はルームシューズをアレンジしました。
ソックスの色に合わせて、いくつか作ってみる予定です。


スポンサーリンク

2017年03月09日 08:29 by るの | 作る

超大作

ホエール・ウォッチングをした人の多くが感動するのは、鯨の並外れたサイズに対してでしょうね。巨大なものはそれだけで、心に感銘を与えるのです。

むろん、物の大きさは相対的に判断するのであって、いくら鯨が大きいからって、地球よりは小さい。

ところで私、巨大なものを作り上げました。単に大きいだけでなく、構造がとてもしっかりしているので、大変な労力を要しまして、もう、死ぬかと思った。
完成品を見て、我ながらつくづく感動。・・・だけど、鯨よりは小さい(あたりまえでしょ)。

結局持て余して処分しましたが、あまりに大きいので、4倍以上の手間がかかりました。

極度の疲労からか、翌日はお休みしました。それ以降は普通に暮らしています。


スポンサーリンク

2010年04月14日 22:57 by るの | コメント(0) | 作る

ソフトブラシ

いろいろとトラブルの多かった掃除機ですが、掃除の途中、ついに壊れました。電源ランプはつくのに、モーターがうんともすんとも言わなくなったのです。

そろそろ寿命だなんて意味のことを書いたので、いじけたのかな。
ぬいぐるみを作ると散らかるから、掃除機は必需品です。やむを得ず新しいものを買いました。
古い掃除機に比べると、値段は1/8くらい、大きさ・重さは半分強、吸込仕事率は1.7倍以上と、時代の流れを感じてしまいます。音はけっこう大きいけど。

安物なので丸ブラシは別売りです。
硬いブラシでパソコンの画面を掃除してずいぶん傷つけてしまったから、この際自作することに。

厚紙の筒にファー布を貼り付けただけですが、けっこう厄介なんですね。
最初は密な短毛ファーを二重にして貼ったら、対象物に吸いついて動きが取れなくなります。長毛ファーに替えたら、毛足で吸込み口がふさがってしまって、これまた機能せず。長毛ファーの毛をカットして隙間を設けました。

丸ブラシ

あまり掃除しやすいとはいえませんが、傷はつかないし、画面やキーボードはすっきりしました。


スポンサーリンク

2009年11月09日 22:39 by るの | コメント(0) | 作る

コチョコチョ胡蝶