アクリルたわし

久しぶりに編み物をしたら、編み始めのわっかをどうやって作るのか思い出せず、なんだかテキトーにしてしまいました。
ほどけさえしなきゃ、ゆがんでいてもかまいません。アクリル100%の毛糸で、あっという間にできたたわしであります。
アクリルたわし

今どきアクリルたわし?
けっこう使い勝手がよろしいですよ。用途はキッチンでの食器洗い。

かぎ針で丸や三角に編むのもかわいらしいけど、我が家は実用一点張り。棒針でかなりゆるめのメリヤス編みにするのが扱いやすいようです。大きさは丸めて手の中に納まる程度。

水とアクリルたわしだけで油汚れが落ちるという話を聞いたことがあります。
私は普通のスポンジと同じく、洗剤を含ませて使っています。このごろの台所洗剤は泡持ちがよくて、小さなアクリルたわしでもたくさんの食器を洗えます。
軽い茶渋などは洗剤なしでこすってもわりときれいになります。

使用後は完全に洗剤を洗い落とし、絞ってふきんかけに干しておきます。すぐに乾くから傷みにくく、1回編めば1年以上もつんですよね。
編み方を忘れるはずだー。


スポンサーリンク

2009年01月27日 23:35 by るの | コメント(0) | 作る

キーボードカバー

デスクトップパソコンのキーボードって、すぐにホコリが積もっちゃいます。うちのはキーが黒だからよけい目立つんです。

シックで丈夫な紙でカバーを作ってかぶせてはいかがでしょう。布より簡単だし、飽きたら捨てればいいんだし。

キーボードカバー

これは漬物の包装紙を折って作りました。どこがシックなんだ。蕪と大根の模様だよん。
しわがよっていたのでアイロンをかけたら、しわは取れずに波うったようです。

キーボードより大きな紙の三辺を折り、角を箱型に整え、ホチキスで留めるか、糊づけします。両サイドを斜めにカットしてできあがり。
簡単でしょ。

紙カバー

プリンタカバーなどにも応用できますね。


スポンサーリンク

2008年05月07日 23:41 by るの | コメント(0) | 作る

スウィートレース

赤いレースを買いに行ったらずいぶん高かったので、手持ちの白いレースを染めることにしました。

鍋にお湯を沸かして粉染料Ritと塩を投入し、レースを浸し・・・あーっ、今入れたのは砂糖じゃなかったかしら。
なめてみたら甘い(染液をなめたわけじゃなくて)。だいたい、結晶を見ただけで区別がつくだろうに。またぼーっとしてたな。
砂糖と塩は同じ形の密閉容器に保存していますが、砂糖はめったに使わないから奥のほうに置いていて、間違えるはずないと思ってたし。

しかたないのでさらに塩を加えて弱火で煮立てる。塩には色を定着させる作用があるのです。
砂糖のせいで染まりにくいかもしれないと時間を長めにしたら、ダークなワイン色になってしまいました。これはまずい。

新たな白レースを入れて、今度は1分弱で引き上げました。それでも染まりすぎかなーって感じだけど、日が経つと褪せるものだから、このへんで妥協。
結局赤いレースを買ったほうが安上がりだったはず。

染色のコツはなかなか会得できません。
余った染液をさらに薄めてピンクのレースも作っておこう。

レース


スポンサーリンク

2008年04月16日 22:35 by るの | コメント(0) | 作る

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。