意図不明

今どき掲示板を設置しているサイトは少ないと思いますが、私は4つ持っています。日本語・英語ふたつずつ。
メールが苦手で、質問は掲示板でしか受け付けないことにしているため、撤去するわけにいきません。

どの掲示板も閑散としていて、むしろスパム書き込みのほうが多いくらいです。

一般にスパムの目的は、ほとんどが宣伝、残りは嫌がらせといったところでしょう。

宣伝目的のスパムはわかりやすくて削除に迷いはないのですが、非宣伝タイプの中には理解に苦しむものがあります。
最近英語版に増えてきて、鬱陶しいから画像掲示板は一時的に休止しました。

どういう内容かというと、よくわからないのです。文面はどれも違っていて、かなり支離滅裂みたいだけど、全く意味不明とも言い切れず、誹謗中傷のたぐいでもないようです。英語圏の人が読めば不快になるのかもしれませんが。
どっさり来るわけでもなく、来始めると続くけど、いったん止めば数か月は平穏。
生意気にもホスト偽装をおこなっていて、画像キー入力も突破しているから、高度な技術を持つヤツのしわざと思われます。あるいは1件ずつ手入力しているのか。いずれにせよ、労力に見合った満足感を得ているはずはありません。
こういうスパムは非常にブキミです。
同じスパマーから、フォームスパムも来ます。ポツリポツリって感じで、迷惑にも感じない量。

そういえば、ブログのコメントにも、宣伝でも嫌がらせでもない、大真面目みたいだけど偏執的で扱いに困るものがたまにあります。
世の中にはいろんな人がいます。私なんか自分では偏屈なほうだと思っていたけど、結局ごく普通の常識的な人間だなあと再認識させられたりする点、ありがたいような気もします。


スポンサーリンク

2012年09月19日 21:07 by るの | コメント(0) | 働く

気まぐれミシン

せんだって、ミシンが不具合を起こしました。具体的には、画面にタッチしても全く反応がなく、模様縫いの選択や針目調節、自動糸切りなどが効かなくなったのです。

基本の直線縫いだけはできるので、とりあえずぬいぐるみをひとつ作りました。
でも不便といえば不便です。

以前、画面に表示されるキーとタッチ部分の位置がずれて困った時期がありましたが、なんとなくひとりでに直りました。

今回も、直線縫いの合間に、画面のあちこちをなでたりさすったり、叩いたりはじいたりしていると、ふとした弾みに正常化することがあることに気づきました。
ただし、電源を入れた直後は、いくら触っても反応しません。しばらく縫い続けて本体が温まってくると調子が戻るらしいのです。いったんスイッチを切り、再度つけると、しばらくはダメです。どうかすると、数時間つけっぱなしでかなり熱を持っているのに、どうしても直らない場合もあります。

機械のすることだから、一定の法則があるはずとは思いますが、この気まぐれぶりにはちょっと手を焼いています。

数年前、1度縫い始めると止まらなくなり、やむなく修理に出しました、今はおんぼろミシンに修理代かけるよりは、最新型を買いたい気分。でも、先立つものが・・・ね。


スポンサーリンク

2012年09月10日 20:28 by るの | コメント(0) | 働く

茶色の研究

昔、毛糸はたいてい「かせ」で売られていました。かせ(綛)というのは、1本の糸を大きな輪状に巻いて束にしたものです。
そのままでは使いづらいから、子供や孫の両手にはめて、巻き取って玉にしたのです。私もよく手伝わされましたが、糸の動きに合わせて両手を上手に動かすと、巻きやすいとほめられました。

むろん現在でも、かせになった商品もあります。純毛の中細毛糸など。等身大人形の髪などには、かせのほうが使いやすいから、ときどき買います。

ところで、刺繍糸は今でもかせが普通のようです。よく刺繍をする人々がどのように使っているのか知りませんが、私は1度に使う長さが数センチ程度(ぬいぐるみの鼻や口など)なので、かせのまま端っこを引っ張って少しずつ切り取っていました。そのずさんなやり方がたたって、だんだんもつれてきました。この調子では、ぐじゃぐじゃのダンゴになってしまいそう。

糸巻きが1個空いたので、それに巻きつけることにしました。
ところが、ほぐすのがたいへん。絹糸って、ささくれたり毛羽立ったりして傷みやすいので、極力摩擦を避けようと、慎重にわっかを広げてくぐらせたりして、どうにか巻き終えるまでに30分くらいかかりました。

やっぱり最初にきちんと巻き取っておくべきだったと、遅まきながら反省しています。

刺繍糸


スポンサーリンク

2011年03月29日 22:14 by るの | コメント(0) | 働く

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。