手袋運

水を扱う日常の作業には、使い捨てのニトリルゴム手袋をはめます。
「使い捨て」は語感が悪いから「使いきり」と呼ぶようになっていますが、結局おんなじことじゃないか。

「使いきり」であるからして、「再使用禁止」なんて注意書きが外箱に印刷されています。
だけど1枚10円近くするんだし、こまめにはめたり外したりするから、そうあっさりとはポイできません。水が漏れるまで繰り返し使用するのが実態です。

それにしても「使いきり」の名に恥じず、すぐに損傷して使い物にならなくなります。再使用不可能なこともしばしば。ちょっとひ弱すぎないかしら。

それまで愛用していたM社の白手袋が残り少なになったとき、S社の青手袋を購入してみました。

使い心地など比べるため、青を右手に、白を左手にはめて普通に水仕事。

その青手袋、めちゃくちゃ頑丈なのです。白がどんどん破けて交換されてゆくのに、青はいっこうに破れないまま。
親指の先にかすかな穴があいたのが、なんと12日め。

これはスゴイ。今後はこれ一筋に・・・。とか思って、2枚目を使い始めたら、なんと20分で水がしみてきてダメになりました。
12日ももったのは、偶然だったようです。

たとえ損傷しなくても、数日も経てば、伸びたり変色したりして、汚らしく見え、捨てたくなるものです。

使い捨て手袋

左から、新品の青手袋、12日使った青手袋、未使用の白手袋、エビの殻をむいたときの着色が消えない白手袋。ひ弱と思っていたのに、エビの殻で傷つかなかったのは立派ですぞ。


スポンサーリンク

2016年12月29日 13:11 by るの | コメント(0) | ケチる

傘の箸

普段は晴雨兼用パラソルを持ち歩いているし、すでに雨がじゃかじゃか降っている日は、家にこもっていたいから、長い雨傘を使う機会は多くありません。

先日、よんどころない事情で、雨傘を差して小雨の中をお出かけしました。
帰宅したら、骨の先端のプラスチックが、一個外れて行方不明。布の端に縫いつけている糸が切れ、どこかで落としたようです。

古い安物の傘だけど、捨てるには惜しいくらいシャンとしています。自分でどうにかしようと思い立ちました。

この部品の名称は知らなかったけど、調べたら「露先」というのです。なるほどね。
とはいえ、わざわざ買って修理したいほど立派な傘でもない。

同じくらいの太さの竹箸を切って、穴をあけました。

傘修理中

下の穴に骨を突っ込み、中ほどの穴に糸を通して縫いつければ完了。

傘の端

色も違うし、箸だってこと歴然だけど、赤い端がアクセントなのですよー。


スポンサーリンク

2016年10月31日 13:14 by るの | コメント(0) | ケチる

ノーエアコンデー

高温注意情報が連日出されています。
暑いのは暑いけど、今年は3年前ほどではなさそう。3年前どんなふうに暑かったのか、具体的な記憶は薄れちゃってます。
その3年前(2010年)も猛暑だったけど、エアコンを買い替えて、涼しく過ごせたような。

昨日はエアコンを使わずに過ごしました。
特に意図があったわけではないけど、なんとなくそうなってしまったのです。

閉め切って寝るので、早朝セミが鳴き始めるころの室温は33度。窓を開け放せば、朝ごはんのころには、30度程度に下がっています。
30度なら扇風機だけでもじゅうぶんしのげるけど、9時ころから本格的に温度が上がっていくのです。

だらだらと読書などで時間をつぶし、昼過ぎに食料品を買いにスーパーへ。そんな暑い盛りに出かけずとも、と思われそうですが、お菓子などの衝動買いを抑えるには、満腹のときがグッドタイミング。

帰ってきたら、室温は34.5度。あらま、外よりは涼しいじゃん。とお昼寝などして、まただらだら。

パソコンをつけると室温が上がるし、パソコンも苦しそうにうなるから、メールチェックもいっさいせず。
結局、なんの有意義なこともせず、読書や単純作業のみで1日が終わりました。
就寝時の室温は33.4度でした。

暑い時期なんて長くはないんだから、冷房をケチってだらだら過ごすなんて愚の骨頂ですよ。
と、本日は朝からガンガン冷やして・・・・・・だらだら過ごしました。

ところで、1時間程度の外出なら、エアコンつけっぱなしのほうが電気代の節約になるそうです。停止中に上がった室温をまた下げるのに、かなりのエネルギーを必要とするからだとか。

私はやっぱり消してでかけます。不慮の事故や災害で帰宅困難者になる可能性もあるしー。それだけだったら、タイマーをセットすれば済むことだけどね。


スポンサーリンク

2016年08月10日 18:45 by るの | コメント(0) | ケチる

コチョコチョ胡蝶