作業手袋

手袋というものは、外出時の防寒・防紫外線のためだけでなく、家の中でもはめる機会が多いのです。特に冬場は。

私はハンドクリームの類が嫌いだけど、年々ひどくなる手荒れには勝てず、しぶしぶ塗っています。その手であちこち触ると指紋ベタベタ。塗ってしばらくは手袋をはめないと何もできません。そして寝るときが一番の必需品です。
当然手袋の裏側にはクリームがたっぷり付着します。外側もすぐに汚れます。しょっちゅう取り替えないといけないから、数はたくさん確保したい。

それで我が家には手袋がうじゃうじゃありまして、しかもこのたびさらに増えてしまいました。近所の洋品店で、束になった徳用手袋を見かけて、つい買ったのです。

それにしても、商品のパッケージには、メーカー名や製造国などが記載されているのが普通でしょうが、これには一切なし。
「品質管理用」「作業手袋」「純綿100%」「マチナシ」「スムス」と印刷され、「M」のシールがあるだけ。

手袋

品質管理って、オートメ台に流れてきた商品をひっくり返したりして調べるようなことでしょうか。
「スムス」は生地の種類? Tシャツ地みたいな伸びる綿。着脱がスムーズという惹句かも。純綿って綿100%のことでしょうもん。それとも「不純綿」の100%というのもあるのかな。
「マチナシ」だから、指の間が立体的になっていなくて、はめ心地はいまいち。でも慣れたらあまり気になりません。親指がいちおう別付けになっているのは立派。全体が平たいことには変わりありませんが。
薄手だから、もう少し寒くなったら、炊事用手袋の下にはめてもよさそう。

数量さえ不明だったのですが、家に帰って数えたら24枚ありました。12双というべきかもしれないけど、左右の別がないから。
左右同じだと、はめる前にいちいちチェックせずに済む点が気楽です。

糸くずがいっぱいついていて、品質管理がなされた商品とは思えないけど、洗濯してもいちおうしゃんとしていました。数回洗ってダメになったとしても、そう惜しくはないお値段です。


スポンサーリンク

2012年11月22日 19:01 by るの | コメント(0) | 着ける

腕カバー

この夏は長袖ばかり着ていますが、着るものが限られてしまうし、暑苦しくて不自由です。

指なしロング手袋をはめている人もけっこう見かけるので、自作してみようと思い立ちました。

一般的に伸縮素材が向いているようですが、肌触りも良く風通しも期待できそうな二重ガーゼで挑戦。筒型に縫うだけの簡単なものですが、ずり落ちないように、片端にストレッチコットンを縫いつけました。

あと、親指を出す穴をあければ終わりというところで、ミシンの調子がおかしくなりました。いちおう縫えるけど、直線縫いしか選べないのです。ボタンホールかがりができなーい。

ボタンホールは手縫いでもできるんだと気づき、古い洋裁の本を引っ張り出し、どうにか穴をあけてかがりました。見た目はぶかっこうだけど、ま、じっくり見る人などいないでしょ。

腕カバー

この腕カバー、家にいるときも役立ちます。パソコンを使ったり、書き物などしていると、汗がにじんできて腕がデスクにへばりつくことがあるのですが、それを防止できます。


スポンサーリンク

2012年08月24日 21:15 by るの | コメント(0) | 着ける

香るTシャツ

大阪のオバチャンが好みそうな、キラキラTシャツ・・・むかーし、大阪で買ったものです。

Tシャツ

金銀スパンコールとビーズで香水の瓶が刺繍されています。目の詰まった上質な生地で、めったに着用しないから、洗濯機で洗っても傷みがほとんどなく、年月を経てもしっかりしています。今年は半袖をあまり着ないので、出番がなさそう。

出かける前に、刺繍の部分に裏側からごく微量の香水をたらして着たりしていました。
あるとき男の友人に「この瓶とこの瓶とでは香りが違うのよ」と言ったら、ふんふんと匂いを嗅ぎ比べ、「あ、ホントだ。凝ってるね」と感心していました。
実は一箇所に一種類しかしみこませていなかったのに、暗示にかけられちゃったんですねー。

当時は若くて巨乳だったワタクシの胸に顔を近づけてみたかっただけ、かも。


スポンサーリンク

2012年07月25日 20:44 by るの | コメント(0) | 着ける

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。