努力と結果

どんなに努力しても正当に報われることはめったにない・・・それが人生です。

「挫折の原因は疑念だ」と書いたことがあります。いくらがんばっても成果が見えないと、まじめに続けていくことがばからしくなるのです。効果があるかどうか疑ってしまうのですね。

それで思い出すのが、『のうだま』(上大岡トメ&池谷裕二)という本に載っていた『頭に入れておきたいグラフ』。
こんな感じだったと思います。

グラフ

縦軸は結果・成果、横軸は時間・回数など。
一般に人は、努力と結果が正比例する、つまりやればやっただけ効果があると期待します(ピンクの点線)。
実際はそうではありません。はじめのうちは全く成果が上がらず、それでもめげずにしこしこと続けていると、ある時を境に飛躍的に伸びてくるのです(ブルーの曲線)。
だからあきらめちゃダメなのよ。

新年を機に、新たな目標にチャレンジしようと意気込んでいる方々へ。このグラフを覚えておくと、心構えが多少補強されるかもしれません。

ただし、飛躍に転じる「ある時」がいつ来るのか、それが問題。目標の難易度や性質によって異なるのです。結局は辛抱できずに挫折・・・ってことに、いつもなっちゃいます、私は。


スポンサーリンク

2013年01月01日 20:35 by るの | コメント(0) | 磨く

腕立て伏せは難しい

1日に3,000歩さえ難しい現状なので、多少なりとも筋肉を鍛えようと、腕立て伏せにトライしました。
ところが! 1回もできないのです。腕がだるくて、顔が床に近づかないありさま。若いころは10回くらい連続してできたような記憶があるのですが。

しかたないので、膝をついてやってみました。それでもすぐにきつくなって10回足らずでダウン。
毎日やっていれば少しは上達するかなーと楽観的に取り組むことにしました。膝をついて10回プラス、つかずに3回が目標。
でも忘れることが多くて、1日おきくらいだから、なかなかできるようになりません。

もしかしたら手の位置や指の向きがまずいのかもと、検索したら、あらら、腕立て伏せができない人ってけっこう多いんですね。特に女性は。
ちょっと安心しました。

正しい腕の位置などを解説したページがあったので、それに従って再度挑戦。膝つきはやめて、全身をまっすぐに伸ばし、顔が床から遠くても許容、ただし徐々に近づけることを目標としました。その日は5回で終了。

すると翌日、胸が痛くなりました。おおっ、筋肉痛だー。それまでは自己流でふにゃふにゃやってたから、筋肉痛など感じませんでした。
これからもまじめに続けるぞぅ(無理かも)。


スポンサーリンク

2012年02月21日 21:59 by るの | コメント(0) | 磨く

懲りない人

木綿のパンツ(ズボン)の幅を縮めようとしたのです。
いえ、ウエストではなく、脚の部分。全体に幅広のデザインですが、スリムなほうがかっこいいと思ったもので。

一番簡単なのは、太もものあたりからつまんで縫う方法。縫い代が邪魔かなって気がしたけど、ま、いいや。と、ミシンでダダダッ。

でも穿いてみたらなんだか気持ち悪い。細くした部分との境い目が不自然に目立っているのです。
しかたなく、縫った部分をほどき、もともとの縫い目もほどいて縫い直しました。今度はどうにか見映えよくできました。

実はこれ、夏ごろの出来事です。なんで今ごろ思い出したのかって?

「楽するため、ずさんに手がけると、失敗してやり直すので、結局3倍手間がかかるのだ!」
という記述を、たまたま2年前の日記帳に見つけたのです(私は5年連用日記を利用)。

同種の間違いを3度は繰り返す粗忽者だけど、この種の手抜きによる三度手間は、すでに百回くらい経験したんじゃないかなあ。


スポンサーリンク

2009年12月30日 20:08 by るの | コメント(0) | 磨く

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。