スリッパ on スリッパ

昨今は土足のまま診療室まで入れる病院が増えてきました。

現在通院しているところは、スリッパ方式です。殺菌ボックスなどもなく、前の人が脱いだのを次の人が履きます。老若男女の患者様が入り乱れているので、かなり気になります。

実は私、常に携帯スリッパを持ち歩いているのですが、それを使うのはなんとなくためらわれます。潔癖過ぎると思われそうで。

で、ソックスの上にカバーをかけることにしました。
パンプスの中に履くような仕様だけど、ストッキング地と違って、わりと厚手でしっかりしています。
病院に行くときはカバーをかけたまま靴を履き、会計を済ませて靴に履き換える前、さっと脱いでポリ袋へ。
作りが浅いから、ソックスが全くスリッパに触れないわけではないけど、まあ、気休めってとこでしょうか。

ソックスカバー

すると先日、もっとケッペキな女性を見かけました。自分で持ってきたスリッパを履いて、そのまま病院のスリッパに突っ込んでいたのです。
ああ、お見事。というか、ゴリッパ。


スポンサーリンク

2016年10月24日 18:19 by るの | コメント(0) | 身を守る

やっぱり物騒な世

玄関のガラス扉が2度も叩き壊されて物騒だという話をしましたが、その後も大きなひびが入っているのを目撃しました。毎日階下に降りていくわけではない私が3度も見たのだから、実際はもっと頻繁に被害が出ていたに違いありません。

管理会社も業を煮やしたのか、監視カメラの数を増やしたようです(もしかして以前のカメラはダミー?)。
管理人を常駐させるのが一番かもしれませんが、それほどの規模ではないし、どうせ夜間は無人となるから完全に対処できないでしょう。

また、各戸にはモニターつきインターホンが取りつけられました。応対前に来客の姿が見えるのは便利です。
それまでのインターホンは、ピンポン鳴ったら受話器を取って話すという、ものすごい旧式のもの。これでやっとよそ様並みになったってことかしら。

廊下の照明が切れてもしばらくは電球を取り替えないなんてこともありましたから、一歩部屋を出たら危険がいっぱいと覚悟して行動しないといけませんね。


スポンサーリンク

2011年01月05日 23:06 by るの | コメント(0) | 身を守る

物騒な世

私が住んでいるあたりは比較的静かな住宅地である反面、住民の質はよろしくないようです。

先日、ガッシャーンとガラスが割れるたいそう派手な音が聞こえました。交通事故でもケンカでもないらしく、すぐに忘れたのですが、翌日出かけようとしたら、ビルの正面玄関のガラス扉が壊されていました。まさか自分が住む建物でこんなことが起きるなんて。

扉はすぐに修理されましたが、数日後、今度は反対側の扉が叩き割られました。

その後、集合郵便受けの扉も壊されていたし、不気味でたまりません。
とりあえず、しっかり戸締りしなくちゃ。

いったい誰が、なんの恨みを持ってこんなことするんでしょう。監視カメラはついているものの、全く用をなさないようです。


スポンサーリンク

2010年07月15日 22:48 by るの | コメント(0) | 身を守る

コチョコチョ胡蝶


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。