車窓より

ときたま電車に乗ることがあります。
たいていすいた時間帯なので、ゆったり座れます。
空いていれば、先頭車両右側の最前列の椅子にかけます。そこが唯一、前方の景色が見える場所なのです。見えたからって、線路が延々と連なっているだけなんですけどね。

先日その席でふと思いました。もし列車どうしが正面衝突したら、ここは真っ先に死ぬ位置だなーって。

そして右の窓際の席は、列車どうしがすれ違うときに、ガタンと風圧を感じるのが嫌って人も多いかもしれません。私が乗る路線はけっこう頻繁にすれ違いますし。
が、それをおもしろく感じる人だっているのです。小さな子どもたちが窓にへばりついて、対向列車が近づいてきたら「来るぞ来るぞ、スリー、ツー、ワン、ゼロ、ガタン」と、はしゃいでいるのを、ずっと前に見かけたことがあります。

また、向かい合わせになった4人がけの席で、後ろ向きに座ると気分が悪くなるというデリケートな人もいるようです。最近の電車では、背もたれの向きを変えることができますが、まわりの乗客の状況によってはやりにくいことがあります。
これについても、とある子どもが、景色が後ろに流れていくのがおもしろいと、わざわざ後ろ向きの席を選んでいました。

子どもって些細なことでも楽しみに変えちゃうんだなと感心します。


2012年02月07日 21:34 by るの | コメント(0) | 思う
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。