ほめ捨て

人をほめるのって難しいですね。
特に家族や身近な人、毎日顔を合わせている人に対しては、今さら・・・って気がするし。

はたまた相手の気性によってはバカにされてるように感じたり、なんか下心があるんじゃないかとかんぐったり。照れくささのあまり怒る人だっているかも。

ほめ下手な人はまたほめられ下手であることが多いようです。
私もそう。人の長所になかなか気づかないし、ほめられても喜ばない偏屈者だし。
ほめられると俄然やる気が湧く人もいましょうが、私はけなされたほうが発奮していい結果を出すようです。

一般的には人間関係をスムーズにするためにも、ほめ上手になっておくとお得です。
下手な人はどうしたらいいんでしょう。
とりあえず、知らない人相手に練習してみたら?

いつだったか、通りすがりのおばさんに「まあ、すてきな髪型」と言われたことがあるのですよ。そのままさっさと行っちゃいましたけど。
そんなふうにほめてみるのです。
ほめられた人は戸惑ったり呆気に取られたりするでしょうが、まんざらでもないはず。少しとちったとしても、2度と顔を合わせることはないんだから気が楽でしょ。

家や職場の近所だとまた会う可能性もありますから、めったに行かないところで実行するのがよろしいでしょう。
何度かトライするうちに、さりげなさが身についてほめ上手になることうけあい。

私? やったことありません。無責任な。


2009年01月16日 22:31 by るの | コメント(0) | 思う

占いなんて

ふと目に留まった今週の運勢・・・『今週の頑張りが一年を飛躍に導く』だそうな。

おお、そうか。では今週は頑張らねば。
『今週は何をやっても骨折り損だから休息しよう』よりは希望の湧く内容でしょ。

易や卜占のたぐいは信じないんだけど、あればなんとなく見ちゃいます。
『友人とケンカする』『失せもの注意』など悪いお告げは無視し、『臨時収入あり』だったら5分間くらい覚えておくかな。当たっても外れてもどうってことありません。

多くの人は私と似たり寄ったりの姿勢で運勢欄を眺めてるんじゃないでしょうか。

で、がんばるって、何をがんばるの?

頑張るとは我を張ることです。
いったいに慎ましやかな日本人は「我を張る」ことに眉をひそめるようですが、人間、たまには人を押しのけて自分をがしっと主張しないと、実のあることは成し遂げられません。
日ごろは妥協と迎合で生きている私。ちょっとした占いを転換のきっかけとするのもよろしいような気もします。
2009年01月12日 21:22 by るの | コメント(0) | 思う

世間知らず

読まずに半月分ほどためていた新聞を、昨日まとめて読みました。読んだというよりめくっただけって感じ。
テレビなどまず見ないので、世の中で起きていることを知るのは、新聞がメインです。

一般に時事問題はブログネタとして重宝されているらしいし、私もたまに取り上げるけど、どうも性に合いません。日にちが過ぎれば色あせてしまうものですから。
100年読まれるブログを目指すには時事を避けるべきであるぞ。っておい、なんたる気炎。

それはそれとして、食べ残しを使い回していた料亭が、やっと廃業を決めました。あらら、まだつぶれてなかったのねー。
予約客が1/3に減ったのが理由だとかで、びっくりしました。そんな店にそれでも食べに行きたがる1/3の客の顔を見てみたい気分です。彼らは私より世間知らずなのでしょうか。それとも「もったいない精神」に賛同したのでしょうか。
2008年06月02日 23:46 by るの | コメント(0) | 思う
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。