せっかち傾向

洗い物をしていたら、ピンポ〜ンと来客。
急いで手をすすいでタオルでざっとふいて受話器をとったけど、すでに切れていました。

夕方になって郵便受けを見たら、小包の不在配達通知書が・・・。

誰もがインターフォンの前で待ち構えているわけじゃないんだから、少しは時間の余裕を持ってほしいよね。お中元で忙しい時期だってのはわかるけど、結局再配達で苦労するのはそちらですぞ。
以前は2度くらいチャイムを鳴らす配達人もいたけど、このごろはさっぱり。2度も鳴らすのはうざー、とかクレームがついたのかしら。

ネットショッピングや通信販売の普及で、輸送荷物の取り扱い量が増えています。その大半が再配達や再々配達で届けられると聞きます。
在宅であっても、鬱陶しいセールスやいかがわしい宗教の勧誘などを憂えて、不明な訪問者には居留守を使ってしのぎ、その後再配達を希望するようにしている人々もいます。それも防衛策なんでしょうけど。
結果的にガソリン消費量が増大し、二酸化炭素はどんどん排出され、人件費もかさむ。

便利さは無駄と浪費の産物なのです。

それはともあれ、次の日郵便局の近くまで行く用事があったので、窓口で受け取ってきました。品物は・・・キャー、恥ずかし〜、ダイエット食品であります。
食べものを減らせば済むところを、高いダイエット食に頼るなんて、これぞ究極の無駄。(^^ゞ

効果レポートは、いずれ別のブログで・・・。


2007年08月03日 20:32 by るの | コメント(2) | 思う

ノンプロはのんべんだらり

腐ったリンゴ。農薬まみれの林檎。虫食いだらけのアップル。落果して踏みつぶされたりんご。
ひとつ選べといわれたらどうします?

選ばないのだって選択だ。いずれ誰かがどれかを拾って、無理やり口に押し込んでくれるでしょう。
2007年07月30日 16:43 by るの | コメント(0) | 思う

ブーフーウー

またも大地震。
災害は、とりわけ地震と台風は、忘れなくてもやってくるのであります。

我が国が地震地帯にあることは重々わかっているのに、根本的な対策が遅れているのはなぜでしょう。少なくとも、壊れた地域から優先的に耐震建築の補助金を国の予算から出し、地震対策を施さない建物は建設禁止など、法律で強制すべきです。目先の出費だけ見たらもったいないと思うんでしょうけど、長い目で見ればよほど倹約となるはずです。
金も時間も足りないなら、せめて避難所になる場所と病院、公共施設だけは、いかなる災害にも揺らがない強度を備え、水・食料・最低限の生活用品の備蓄など次善の措置をしっかりしておくのが自治体の義務じゃないですか。

杉浦日向子の本をぱらっと立ち読みしていたら、江戸の人々は古着を愛用し、身の回り品を極力持たないようにする、なんとなれば大火事に見舞われて焼け出されるから持ってても無駄だ、というようなくだりがありました。

『火事と喧嘩は江戸の華』といいます。さばさばして潔い江戸っ子気質はそんな事情からいやおうなしに生まれたのかな。
焼けるのはモノだけにあらず。大火のたびに多数の死者が出たことでしょう。
なのに、のほほんと「火事は華だ」とうっちゃって、その後も性懲りなく木と紙の家を建て続けた・・・これって、バカとしか言いようがないんじゃない?

我が国の自然災害は、地震、噴火、台風、水害、土石流など多種にわたっています。
トルコみたいに石の家を建てれば、火事には強くても、地震が来たら被害も甚大。バランスの取れた災害対策を施した都市計画とインフラ整備をおこなってこそ先進国です。
毎度毎度大惨事を経験しながら、さしたる反省もなく以前と同じ程度の家を建て道路をならして「復興した」と自己満足にひたるだけ。なんの進歩もない。日本人の愚かさは遠い昔からの伝統であります。

現実がこうなのだから、差し当たっては個人個人が自己防衛するしかありません。
防災マップは持ってますか。非常持出品は常に点検していますか。消火器の使い方をご存知ですか。災害時の心得はじゅうぶんですか。

私? 江戸っ子でい。ワハハ。(-_-;)
2007年07月16日 22:26 by るの | コメント(0) | 思う
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。