温暖化療法

昔から幾たびとなくスズメバチの襲撃を受けてきた日本産蜜蜂は、対抗手段を編み出しました。
1匹のオオスズメバチを働き蜂数百匹がびっしりと取り囲み、47℃もの熱を発生させてスズメバチを殺すのです。これを蜂球(ほうきゅう)といいます。
スズメバチはミツバチほど高温に耐えられないので、ひとたまりもないのだとか。

以上は『図解雑学 昆虫の不思議』より。
このごろ昆虫づいているワタクシなのであります。

ミツバチって賢いのですねー。単に温度差だけでなく、数の差もあってこその蜂球です。
もっとも、ニホンミツバチは蜜集めがヘタ(!?)だし、セイヨウミツバチに駆逐されて数は減りつつあるそうな。いずれ絶滅するかも。
温泉につかって高温修行を計画しているスズメバチくん、もうしばらくの辛抱だよ。

話変わって、癌の治療法のひとつに「温熱療法」があります。
癌細胞は正常細胞よりも熱に弱いので、患部の温度を上げることで回りの細胞を傷つけずガン細胞だけ殺すというしくみ。癌の種類によっては多大な効果があるそうです。

さて、人類は異常気象や温暖化は自分たちのせいだと慌てふためいているようですが、はたしてそうなのでしょうか。
自分たちが地球の環境をたやすく変える力を持つというのは、単なる思い込み、思い上がりではないでしょうか。よしんば人間の愚行が地球破壊に一役買っているとして、そう仕向けたのは別の「誰か」かもしれません。

地球は人間が現れる前から、極端な高温期や低温期(氷河時代)を経てきました。そのたびに生物の構成や種類、性質などが大きく変化したことでしょう。

地球にはびこる癌細胞を一掃しようと、地球自身が温熱療法を施し始めたのが今の温暖化だとも考えられます。
癌細胞すなわち愚かなる人類。
あおりを食らって、低温に順応した生物も犠牲になるけど、背に腹は換えられぬ。治療がうまくいった暁には平和な緑の世界がよみがえるでしょう。


2007年05月30日 20:01 by るの | コメント(0) | 思う

古新聞配達

先週の金曜と土曜日、夕刊が入っていなかったのです。
私は電話嫌いなので、月曜日に集金人が来たときに温厚な調子で文句を言ったら、「配達人が変わったので」云々と言い訳し、「あとで持ってきます」とのこと。
ところがその日には届かず、火曜日の夕方になってもまだ持ってこない。

さすがにむかっときて電話したら、数十分後、見るからに天然っぽい男が新聞とタオルを持ってきました。

晩ごはんを済ませてからゆっくり新聞を見ようとしたら・・・ん?
「イージス艦情報持ち出す」「陸自ヘリ墜落 4人死亡」「ソープ氏薬物疑惑」
トップ記事からしてなんかヘン。よーく見たら、3月30日(金)31日(土)の新聞でした。なに考えてんだあ。

しかたなくまた電話して(月に2回も電話をかけるなんて)、必要なのは4月27日と28日の夕刊だと念を押し、10分後やっと手に入れました。

そういえば以前も、夕刊が来てないと言ったら朝刊を持ってきたことあって、なーんか抜けた販売店なのよね。
2007年05月01日 20:48 by るの | コメント(0) | 思う

物乞う人

外に出かけると、知らない人からよく声をかけられます。一番多いのが道を尋ねられること。本人は方向オンチでしょっちゅう道に迷ってるから、ちゃんと教えてあげることができません。

スーパーのレジに並んでいたら、私のかごの中の『あきたこまち』を見た後ろのオジサンが、「いやー、なつかしいなあ。以前秋田の会社に勤めていたんですよ、うんぬんヌンヌン」と秋田の話をひとくさりして、満足げに立ち去った。なんなの、あの人。

今日歩いていたら、「すみません」というかぼそい声とともに、自転車が横にきゅっと停まり、乗ってた初老のおっさんが何かぼそぼそいうので、耳を傾けたら「昨日から何も食べてなくて死にそうだ。いくらでもいいからおカネをくれ」

帽子かぶって、ちゃんとした服を着て、たるんだホッペで「何も食うとらん」だと?
他人にカネをねだるなら、もちょっと演出に凝りなさいって。痩せて頬がこけてボロ服まとってヨタヨタと歩いてなきゃ、説得力ゼロ。
私なんか自転車もなく、1円でも安い野菜を求めて、遠くの八百屋まで歩いてゆくところなんだよ。

ずいぶん前、道端で同じような中年女にすがられて、思わず千円札を渡してしまったことがあります。気迫に呑まれた、というか。後々ほぞをかんだものの、当時の私は今よりは裕福だったなあ・・・・。

さらに昔、満員電車で座っていたら、30代くらいの女が「すみません、具合が悪いので席を譲っていただけないでしょうか」と言うもんだから、それはたいへんと譲ったさ。そしたらその女、具合悪いどころか、居眠りを始めて、私が「次の駅で降りて病院に連れていってあげましょう」と言うと「いえ、大丈夫です」とヘーキな顔。終点まで居眠りしたあげく、元気に改札口を出ていったのでありました。

恥知らずの中高年が増加中です。あちこちにべたっと座り込む若いもんを嘲笑ってる場合じゃないぞ。

それはともあれ、私はよっぽど温和なお人好しに見えるんでしょうね。
2007年04月19日 20:35 by るの | コメント(0) | 思う
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。