根に持つ人

道理や常識がわからない人、筋道立てて話しても通じない人、邪推に囚われて執念深い人はどこにもいるものです。
その一部に、我を押し通そうとして暴力に及ぶ輩が存在します。市長を銃撃したり、大学で銃を乱射したり、新聞社に火炎瓶を投げ込んだり・・・実に人迷惑ですが、決して絶滅しません。

次にそのいけにえとなるのは、私かもしれないし、あなたかもしれない。

私は別に運命論者ではありません。

これはもう人類のサガというか個性というか。世のために奮闘する一部の天才や有能な人々も、暴力的で救いようのない悪人も、総称的人間が包含する両面なのです。
いくら教育を充実させても、社会が豊かになっても、精神医学が発達しても、銃器を規制しても、不穏分子は必ず現れます。

本気で彼らを排除したければ、遺伝子検査を厳重におこなって、立派な人間のみに繁殖を許すこととし、選別を続ければよろしい。数千年後には世界中の人が似たような顔、似たような性格、同程度の能力を持ち、仲良く暮らせるでしょう。

いや、それでもなお、突然変異的に破壊的な人間が生まれることを防げるかどうか疑問です。
でなければ種の保存と発展はおぼつかないのだから。


2007年04月18日 20:56 by るの | コメント(0) | 思う

メールが苦手

なので、ついつい先延ばししてしまうのです。
お詫びや言い訳や抗議みたいにややこしい内容なら誰だってうんざりでしょうけど、ハッピーなお知らせやコピペで済むビジネスメールにしても然り。

気軽にメールを書き送れる人々がうらやましい。

メールに限らず、掲示板やブログの書きこみも億劫です(たとえ自分とこのでも)。特定個人に対して行動を起こすことが苦手なようです。
壁に向かってぶつぶつ言うのは平気だけど、相手が人間だとどうも調子狂うんですよね。

こんなふうに苦手だ苦手だとこぼすヒマに、思い切ってちょちょいと書き送れば今夜はぐっすり眠れるのに。でもって、せっせとメールを書く夢を見て精神疲労が倍加するという悪循環。

ずっと昔、何かの本で読みました。嫌なことからは「逃げて逃げて逃げまくる」という解決策があるのだとか。

実践? よくしてますよ。後悔のおまけつきだったり。
きっと逃げ足りないんでしょうね。
2007年04月10日 20:58 by るの | コメント(0) | 思う

急ぐ社会

今日の朝刊はペラペラ。パチンコ屋のチラシもなし。パチンコなんてしないけど。
「選挙速報のため特別輸送態勢で臨みます」とのことであります。毎週月曜日掲載の短歌コーナーとかは翌日回し。別に短歌や俳句の趣味はないけど。
なのにスポーツ記事はちゃんと確保してるのさ。はい、スポーツには興味なし。

新聞にスピードを求める人がそんなにいるのかしら。
夜中まで駆けずり回って、夜明けまで輪転機回して、人件費かけて、エネルギーじゃんじゃか消費して。

誰が当選したかなんて、みんなテレビを見て知るでしょう。
それよりも新聞の使命は正確さと充実度。翌日の夕刊にじっくりと分析結果と今後の見通しを載せてくだされ。

記者も印刷所も9時から5時まで働いて、夕方刷り上がった新聞を、翌日9時から配達・・・そんなのんびりした社会を望むほうが無理なのでしょうか。
電獣バヴェリでも現れない限り、人類は突っ走ることを止めないだろうな。

で、私? 投票には行きましたよ。当選しそうにない人の名前を書くのが趣味でして。
2007年04月09日 21:09 by るの | コメント(0) | 思う
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。